写真・映像制作者 水谷充の私的視線

〜「見てきたもの」記録装置 カメラがくれた宝物 〜
漁師、最強!
 

 農業、漁業、林業など一次産業を扱ったフォトドキュメントの取材も、最終局面を迎えた。梅雨が明け、悪天候で先送りになっていた銚子のはえ縄漁の取材もなんとか終えることができた。

 

 銚子と言えば、完全な外海。しかもここは利根川の河口がある為に、潮の流れと、海に流れ出る川とで、複雑な海流が見られる場所でもある。銚子市街地から犬吠埼方面に向かって、かなり広い範囲を占める銚子漁港は、テトラポットが積み上げられた物々しい防波堤が幾重にも作られていて、独特な風景を見せてくれる。
「波、ヤバそうだなぁ〜」との覚悟は、みごと現実のものとなって僕の身に襲いかかる。

 ちょっと写真が小さくてわかりにくいかも知れないけれど、幾重にも重なるように四方から襲いかかる波のうねりは、信じられないアクションを舟に要求する。
遠くを見るようにしながら、必死に身体のバランスを取る。当然、写真を撮りに来たのだから撮らなきゃいけない。
やっぱり! 港を離れ15分もすると、もうすでに胃液が上がってくる感覚。あぁ〜
「いつもこんな波の中で仕事してるんですか!?」 漁師さんに問うと、「今日は、素人には最大級の波だよ。オレだって油断したら船酔いするくらいだ」と。。オイオイ

 

 はえ縄漁は、一人で操舵しながら、ブイにくくりつけられた80本ほど針の付いた長い仕掛けを、数ポイントに置いていく。時々仕掛けに使う餌を釣り、今度は仕掛けの回収に回る。成果を見ながら、また仕掛けに動く。
早朝4時のまだ暗い時間に始まる操業は、日の出を迎え、今度は暑さとの戦いも待っている。

 

 おぉ〜綺麗だ。
とか、言いたいところだけど、もう吐くものもないくらい吐き。ぐにょぐにょとよじれる内蔵や脳みそと戦いながらのシャッターなんです。
水平線を水平に撮ることが、こんなにも大変だなんて〜。こんな条件下では、デジカメのハイテク装備もまったく役立たない。気合い一発、いや数発。撮ったらカメラを降ろして、またゲロゲロです(笑)。

 湾内と違って、対岸なんてもんが見えない外海は、ただただ、コールタールの様な深いうねりが迫ってくるのみだ。底知れぬ恐怖感があるのだけれど、それも悶絶する胃の状態がすべて消し去ってくれる。五十肩の激痛も、いつの間にか消え去り、揺れで持って行かれそうになる身体を必死に支えている。
人間って凄いね。持ち合わせてるウイークポイントを上回る問題が生じると、それを消し去って、その新たな問題に対処しようとするんだね。悶絶する胃は、五十肩を完璧に上回っていたようだ。



 スズキが上がった。
白身魚大好き人間の僕は、魚の形のままで見ても「美味そう〜」とワクワクする。しかし、胃は悶絶。
しかし、船酔いって、酒酔いとはかなり違うんだね。内臓に反して頭は妙に冴えるんだよ、不思議。あ〜もう時間の感覚もなくなってきた。
でも、新たな動きがあるとシャッターを切る。そしてまたゲロゲロ。これはなんの試練なんだ〜と、心の隅でつぶやきながら、港に戻ってきたのは11時30分。
ん? 7時間半も、あの状態で海の上にいたんだぁ〜! もう!

 自分の過去、49年と8ヶ月を振り返っても、ダントツ一位の壮絶体験だった。僕はやっぱり陸の人だと再認識。フィジーだのモルジブだけが海じゃないね。荒れた海に小型の漁船を出し、潮を被ってねちょねちょになりつつ食い物をゲットする。誤解を恐れずあえて言えば、漁師は最強の生き物なんじゃないかと思う。
永田町だの霞ヶ関だので取り乱す馬鹿どもに、体験させてあげたいよ、ホントに。

 まだね、眠ろうと横になると、頭の中が揺れてるんだよね。悶絶する胃は、陸に上がったらケロッと治った。神秘だね、人間の身体は。僕は、まだまだ生きるための様々な防衛システムがきっちりと作動するようだ。
写真も、ちゃんと撮れてるよ〜エライエライ♪ もう漁船は、懲り懲りかも(汗)。

JUGEMテーマ:写真
JUGEMテーマ:アート・デザイン
| Location | 05:45 | comments(0) | - |
地図だけで萌えれる人
 

 千葉県の内陸部は、小さな山(丘くらいの感覚だが)が折り重なるように連なっている。その狭間の平らな部分が水田になっている。こんな風景が、東関東自動車道の成田を過ぎた辺りから散見される。
高速道路上から見える、この箱庭的美しさに、僕は何度も「おぉ〜」と感嘆の声を上げる。

 常日頃、こういった田園風景に惹きつけられる僕は、地図を見ただけで、その地形を想像し萌えることが出来る(笑)。
地図好きは中学3年生頃から始まった。学校の机には、全国地図を常備。退屈な授業は、これを見てやりすごしていた。
山、川、道路、湖、そして住宅の密集した市街地。方角も考慮しながら見ていると、例えば夕方4時くらいに、ココら辺りがどんな風景を見せてくれるのか十分にイメージすることが可能だ。



冬のロケ。湖面は氷結し、寒暖計はマイナス7度を示していた。
ペラペラの衣裳&裸足なのに、撮影が始まると鳥肌一つ立つことはない。
根性のある女優さんだ。

 この写真は、週刊文春の原色美女図鑑で喜多嶋舞さんを撮ったもの。ロケ場所は、八ヶ岳エリアにある白駒池というところ。茅野から北上し、ほぼ一番高い地点にある。
この場所は、この撮影のずっと前に、偶然見かけたアウトドア雑誌「ビーパル」の表紙を見てとても気になったところ。目次の所には、あまり荒らされたくないからとの理由で、「撮影地内緒」と書かれていた。
江古田でよくコーヒーを飲みに通っていた喫茶店のマスターと写真を見ながら推理が始まった。背景に見える木立の奥に遠景が見えていないことや、その樹木の種類から、かなり標高の高い場所だと見当を付けた。東京から、それほど遠いことはないだろうと、福島から長野辺りを重点的に見て、幾つかの候補を選び出す。
当然、紙面の特集ページなどもつぶさに観察。表紙だけのロケはないだろう。何か、ついでに取材しているはずだ〜とか。地図とにらめっこの日々。
結論が出ぬまま、次月号が発売になった。表紙のモデルが同じだったところから、一度のロケで2号分を撮影したはずだと結論付け、そのロケ場所も合わせて検証することになった。
夕方の光が、左側から射し込んでいる。つまり、北側に立たせたモデルを南側から撮影している絵柄だということになる。緩やかな上り勾配の牧草地帯と、遠景に見える大きな山から、八ヶ岳南側の原村付近だろうと想像する。
すると、前号の撮影地もその付近ということになる。地図から見た限りでは、白駒池くらいしかありえないと結論付け、現地にロケハンへ。
ピンポン! 大正解であった。推理は的中し、見事その撮影地にたどり着いた。

その場所は、素晴らしく僕好み。原生林に囲まれた小さな池は、とても透明度の高い冷たい水で、澱みのない静かな湖面を見せてくれた。
以来、時々足を運ぶお気に入りのロケーションになった。

 
同じ場所の数年後。 味のある桟橋は、綺麗に造り直してあった。
ボロかった方が好きだったけれど、きっと朽ち果ててしまったのだろう。
仕方がない。

JUGEMテーマ:写真
JUGEMテーマ:アート・デザイン
| Location | 01:45 | comments(0) | - |
山に入る
 

 奥多摩は密度の濃い空気が満ちあふれていた。
週末の悪天候で、近海定置網の漁船への乗船は延期。今日は、久々にちょっと晴れ。早朝から奥多摩の山に入りました。
降り続いた雨のせいで、木々の色も綺麗。山の斜面に堆積する腐葉土も、しっとりと濡れていた。蒸し暑さを覚悟していたのだけれど、むしろひんやりと肌寒い。密度の濃い空気も、少し冷たい感触。御陰で、深呼吸が身体を目覚めさせる格好の手段となった。

 今日は、山の所有権境界を見極める作業。植えられた木の種類や、その成長具合を地図にある区分と照合してゆくのだが・・・。
見極めの難しさ以前に、道のない急傾斜の山を上り下りするアクションに、閉口したよ。傾斜角度、約35度。実際の斜面を前にすると、壁のように感じられる。表層を腐葉土が覆っている為に、感触はかなりフカフカと柔らかい。ただし、それは滑りやすいということでもある。

 ともかく作業員に方に続いて、登り始める。彼らの辿るルートを参考にして行くのだが・・・。とにかくペースが早くて追いつけない。「撮影しながらゆっくりと行きますから〜」と、悔し紛れの言い訳をしながら、マイペースを貫く。
けっして登りで無理をしてはいけない。なぜなら、下りはもっとヤバイからね。数少ない過去の山登り経験から、予想される今日の後半を考えていた。下りのしんどさ、難しさは、登りどころじゃないのだ。

 30分ほど登っていくと、もうすでに足腰が笑い始めた。いつもの日常とは違う筋肉が、ものすごい勢いで使われている。立ち止まると、ドッと汗が噴き出し、立ち眩みが。
気持ちを落ち着けて、深呼吸を繰り返す。すると信じられない勢いで復調する。身体の末端まで、酸素が行き渡る感覚。
やっぱり、木はいいね。人に優しい。お礼に、たっぷりと二酸化炭素をプレゼント(笑)。

 
この傾斜ですよ〜。ヤバイでしょ

 数年前に間引きをやっているところは、こうして地面にも日射しが届く。間引きをしなければ、もっと暗く、地面から顔を出す新芽も少なくなる。

 近々、実際の伐採作業を撮影できることとなった。幹に喰い込むチェーンソーと、倒れ行く木々をこの目で確かめてみたい。
明日は、おそらく筋肉痛。いや2〜3日後か!

JUGEMテーマ:写真
 
| Location | 01:08 | comments(4) | - |
ぶらり青森 Vol.12 最終回花輪線
 今回の青森旅行は、無計画で突然決めたこと。ローカル線を甘く見ていたわけじゃないのだけれど、運行本数は予想を遙かに越える少なさだった。
当初、目論んでいた五能線制覇が不可能だとわかり、ルート変更を余儀なくされた。来た道を戻るのだけは避けたいと路線図を見て検討を重ねた結果、大館から盛岡へ、花輪線に乗るルートが浮かんできた。十和田湖の南を回り込むように走るこの路線は、32駅、2時間52分の各駅停車の旅。
十和田南駅からは、東北自動車道と寄り添うように山間部を走り抜け、岩手の平野部に至る。車窓の旅としては悪くない路線だと言える。


ローカル線の駅はシンプルでいい。ホームから街並みが見渡せる様は、どこも共通だ。首都圏でも、例えば「眦椎肋豈悗旅皺優曄璽爐ら早稲田通りを見る」なんて素敵なところが幾つかある。通過するだけでも、街の様子が見えるというのは楽しいものだ。


青森より積雪は多いようだ。




時折見える東北自動車道。よくこんな所にこんな物を造れるものだ。土木技術の素晴らしさに感動するね。


岩手山が目に飛び込んできた。この辺りに生活する人々は日々この雄大な景色を見ているんだね。子供の情操に良い影響がありそうだ。


それにしても美しい形。
またじっくり見に来たいと思った。


 鉄道の旅は、気分がゆったりと出来ていいもんだ。東京からローカル線ってものを捉えると、観光的な見方をしてしまう。ところが現地に来てみると、地元には欠かせない生活路線だったりする。一瞬、垣間見える人々の生活は、東京とは少し違った時間が流れているように思えた。たしかに不便な面が沢山あるだろう。だけどなんだか羨ましさを感じたなぁ。来年は、冬の真っ直中に、もっと日程を割いて訪れようと思う。

JUGEMテーマ:鉄道旅行
| Location | 12:10 | comments(0) | - |
ぶらり青森 Vol.11 弘前〜大館間


 車窓は、まるで映画館のScreenのようだ。弘前から次第に山間部に分け入るJR奥羽本線は、比較的車速も遅めで、窓から見える景色を楽しむには都合が良い。
平野部と比較して明らかに積雪量は増え、沿線から見える家の造りも異なってきた。ふと気付くと明らかに街並みの雰囲気が変わる。おそらく秋田県に入ったということなんだろう。

起伏のある風景。まっさらな雪の上に動物の足跡を見つけた。




 レールも平野部と違ってカーブが右へ左へ蛇行する。山間の谷は、川とレールと自動車道が通り、その流れに沿って、民家が点在する。時折見られる畑も、リンゴのそれとは異なったもののようだ。







 山の裾野が遠のき、平野部が広くなった。どうやら大館に到着したようだ。平野部がある程度の規模に達して初めて大きな都市に成長する可能性を手にする。そんな原則が車窓の旅から見えてきた。ゆっくり進む旅のペースも、色々なことを考えるのに丁度良い。ムラっけのあるディーゼルエンジンの鼓動と、フワフワと柔らかいサスペンション。首都圏を走る電車の硬質な乗り味とは違って、気分をゆったりさせる効果があるように思う。


JUGEMテーマ:鉄道旅行
| Location | 08:30 | comments(0) | - |
ぶらり青森 Vol.10 帰路


 貝味噌ってやつが美味しかった。ビールも適量、身体が弛んでいる感じがいい。窓から見える夜の弘前駅がなんとも優しい雰囲気で、気持ちも弛んでくる。
明日は、帰らなければならない。仕方がない。そもそも強引に設定した今回の鉄道旅行。20代にさんざやったバイク旅行を思い出した。行った先での目的と同じくらい移動そのものも目的になる。行くも止まるも、すべて無駄なことはない。ゆるゆるとすべてが宝物のような時間。

 ソワソワと5時半過ぎには目が覚めてしまった。うっすらと明るさを増してきた外に目をやると、始発の準備をする様子が飛び込んできた。
 引き込み線から出てきた車両は、ホームの少し先で停車する。時間にして10分程度。おそらくディーゼルエンジンの燃料給油だと思われる。五所川原駅でも、目にした光景だ。

手前、JR奥羽本線青森方面行き。奥は給油中と思われる五能線。




朝のホームは、高校生で溢れていた。乗り遅れたら遅刻決定。ここでは時間を守るということの意味がとても重い。


近くにいた女の子が東京に面接に行ってきた話を友人に熱く語っていた。


ドアの開閉は乗客の仕事。開けっ放しで暖まった空気を逃がすわけにはいかない。


弘前駅から少し離れるともうリンゴ畑の風景。都市の規模は、けっして大きくはない。






お隣の石川駅で、大勢の高校生が降りていった。
おそらく毎朝の光景。鉄道は人の思いも運んでいる。笑顔で未来を語る女の子の姿が目に焼き付いている。


 帰りは、JR奥羽本線で秋田大館に出る。そこでJR花輪線に乗り換え、盛岡を目指す。8時過ぎに弘前を出発して、お昼頃盛岡に到着する。贅沢な各駅停車の旅。晴天が、見送ってくれる。暖かい窓際で、お茶を飲みながら楽しもうと思う。

JUGEMテーマ:鉄道旅行
| Location | 10:28 | comments(0) | - |
ぶらり青森 Vol.9 弘前着
 弘前着、午後3時。駅前のホテルにcheck-in。高層階の部屋は、素敵な景色のPresentをくれた。




 日が落ちてしまう前に、市内を少し歩いてみた。天気は良いのだけれど、むしろ今までで一番寒い気がした。
綺麗に整備された市内は、今まで訪れた街と少し違っていて、かなり活気がある。弘前城を目指して歩いてみたけれど、思っていたより遠い。寒さもあって名所旧跡に拘らず、街をぶらつくことにする。



駅に近い場所なのに、けっこう大きな廃墟が。建物のくたびれ具合からみても、結構な時間放置されている感じだ。


東京にはない、ストーブの専門店。


市内を貫く基幹道路は、広くて整備が行き届いている。


青森銀行の建物は、記念館として保存されている。からり古くから人が集い発展してきたんだと、歴史的建造物が物語っている。


 実によく歩いた青森旅行。時間的制約から断念したところも多いけれど、本当に来て良かったと思う。どこへ出かけても、その土地のリアルな生活感が、なんだか安らぎを与えてくれる。不思議なものだ。
今夜は土地の美味い物を食べて、早めに眠ることにしよう。帰りは、奥羽本線で秋田県の大館へ出て、花輪線の各駅停車に乗って盛岡を目指そうと思う。
どこかに降りて散策する時間的余裕はない。ローカル線に乗ることそのものを楽しむことにしよう。

JUGEMテーマ:鉄道旅行
| Location | 18:11 | comments(0) | - |
ぶらり青森 Vol.8 春の気配


 春の気配が漂う海沿いの街。ここは日本海なんだと実感させてくれる漂流物が目に止まった。群れる海鳥が、水産資源の豊富さを示している。街も比較的豊かな漁港という顔だ。まだまだキンと冷えた空気が肌に刺さるけれど、柔らかな日射しが南側の雪を溶かしはじめていた。







小さな丘の上にある神社へ上がってみた。
見下ろすと、思いのほか大きい街が広がっている。リンゴ畑といい、広大な水田といい、青森県ってかなり豊かな所なんじゃないかと思う。








 鰺ヶ沢では、次の列車までの2時間を歩き回って過ごした。白神山地の北に位置する漁港は、元力士、舞の海が生まれ育ったところだ。鰺ヶ沢と言うくらいだから、鰺が捕れるところなんだろうか・・・。漁港としては、かなり規模の大きいところで、漁の最盛期を体感してみたい欲求が湧いてきた。
この街は、観光客が訪れるような土地ではないのだろう。それらしい浮ついた演出は一切なく、リアルな人の生活があるだけだった。


心地よい散歩も、あっと言う間に終わりの時間。乗り遅れたら大変なことになるローカル線。時間に対する認識が少し変わってきた。


鰺ヶ沢始発がホームで待っていた。車両の色が素晴らしい!




 来た方へ戻ることになるが、五所川原をスルーして、弘前を目指すことにした。聞くところによると、比較的大きな都市。ゆっくり街の中を歩いてみたい。

離れ行く海


JUGEMテーマ:鉄道旅行
| Location | 04:10 | comments(0) | - |
ぶらり青森 Vol.7 鰺ヶ沢へ


 五所川原を出てしばらくすると、もうこんな景色に。駅中心に生活圏が出来ているのだとしみじみ実感する。

お隣の木造駅。若い子が大勢降りていった。何があるんだろう?


駅前にかなり古い建物がある。降りてみたい衝動を押さえるのが大変だ。


車窓の風景から、雪が消えてゆく。やはり今年は暖かいようだ。


ボォ〜ッと外を見ていたら突如海が現れた。目的地、鰺ヶ沢は近いようだ。




鰺ヶ沢到着。乗ってきた列車を撮影するチャンスは少ない。


買い出しに行ってきたのだろう。地元のお年寄り達は、小型のワンマンバスに乗って行った。聞き耳を立ててみたが、やはり会話は謎だった。異次元の言語


JUGEMテーマ:鉄道旅行
| Location | 14:48 | comments(0) | - |
ぶらり青森 Vol.6 五能線


 まずは時刻表をご覧頂きたい。13:45発と17:43発の間は一本も走っていない。全体としてみても極端に少ない本数で驚いた。さらに秋田県側の終点、東能代行きの直通は一本もない。ほぼ中間に位置する深浦止まりが数本。さらに手前の鰺ヶ沢止まりが数本。深浦から先は、やはり同じ様な本数が東能代方面に運行されているらしいが・・・。
これはつまり、途中下車を楽しむってわけにはいかないと言うことだ。下調べの段階で、降りてみたい駅がいくつもあった。もし、それをするなら、五能線だけで2〜3日の予定を組まないと無理だ。一番降りてみたかった駅、驫木は、今回断念することにした。そこは、海沿いに位置する無人駅で、最果て感抜群のロケーション。残念だけど仕方がない。散々悩んだあげく、鰺ヶ沢10:41着で降り、約2時間後の12:42発で戻ってくることにした。これならば、なんとか日本海の風を浴びてくることが出来る。

五所川原駅待合室。出発時刻が近づいてくると、徐々に人が増えてくる。
余裕を持った行動が求められる。乗り遅れたら半日予定がずれてしまう。








JUGEMテーマ:鉄道旅行
| Location | 14:22 | comments(0) | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ PROFILE










+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
マインドスケープ
マインドスケープ (JUGEMレビュー »)
藤陵雅裕
CDジャケットのアートワークを担当。透明感のあるサックスの音色と疾走感が心地よいサウンド。JAZZ SAXの魅力を知るには最高の一枚です。
+ RECOMMEND
自然職のススメ
自然職のススメ (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
農業、漁業、林業の現場を取材したフォト・ドキュメント。就業情報も網羅した、生き方提案書です。
+ RECOMMEND
匠の姿〈vol.1〉衣
匠の姿〈vol.1〉衣 (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
衣食住遊祭の全5巻。35人の伝統工芸職人を3年半かけて取材したフォトドキュメントです。資料的価値もあって、1999年の発刊以来、ロングセラーを続けています。
+ RECOMMEND
天使の宝石箱
天使の宝石箱 (JUGEMレビュー »)
小松長生,yumi,オーケストラ・アンサンブル金沢,渡辺俊幸,浦壁信ニ,朝川朋之,佐野秀典,竹内淳
ジャケット写真を担当しました。フルートの素晴らしさ+かわいらしさ。注目のフルーティストです。ぜひ聴いてみてください。
+ RECOMMEND
JUST WAIT―坂田栄一郎写真集
JUST WAIT―坂田栄一郎写真集 (JUGEMレビュー »)
坂田 栄一郎
アエラの表紙撮影でおなじみの写真家。1966〜1970リチャード・アベドンの助手を務めていた氏の、ニューヨーク時代に撮影された作品群です。初写真集化です。ぜひご覧ください。僕はこの人に憧れて写真を仕事にしました。孫弟子でもあります。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ Blog People
+ Trackback People
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ