写真・映像制作者 水谷充の私的視線

〜「見てきたもの」記録装置 カメラがくれた宝物 〜
【ROCK YOU 2020】Lágrimas Negras 制作プロセス

アルバムのタイトル曲は、Lágrimas Negras(黒い涙)

キューバの名曲で、多くの歌手に歌われています。

作られたのは、1930年頃。

 

本作は、キューバのジャズピアニスト Bebo Valdes とスペインの歌手 Diego El Cigala のセッションで、比較的最近作です。ま、とは言っても2003年のリリースです。

聴いたことはあったのですが、その当時、歌物は避けてたところがあって、あまり深入りしませんでした。

今回、選曲されていて、改めてその良さに触れたというところです。

深みのあるピアノの音色とあのシワガレタ声。かなりいい! っていうか、こういう歌物の良さがわかる歳になったってことだなぁ。

 

まずは、仕上がりです。

表面

 

そして裏面

 

いつものように、気づいたことを紙に書き出します。

 

そして、歌詞の和訳を探します。 

ありました!

https://lyricstranslate.com/ja/lagrimas-negras-%E9%BB%92%E3%81%84%E6%B6%99.html

 

ネットって凄いなぁ〜

女の立場からの別れの唄ってことですね。

無色透明のはずの涙が、黒いっとは、マスカラが落ちてるってことではありません。

捨てられ事への恨み、呪いといったところでしょうか。

だけど、歌詞をかみ砕いていくと、、それでも持ち続ける愛の深さが見えてきます。

 

ということで、すんなり、もう女性のポートレートで行こうと即決。

ですが、、肝心なのは、どんな写真を持ってくるかです。

恨みと前向きさを両方もっているような・・・

これは、テストシュートの中にバッチリなのがあるとすぐに気づきました。

ただ、セレクトしてプリント済みのものだと、意図に合いません。

スキャンして、仕上げていくことに。

 

仕上げのテーマは、ザラついた粒状感をしっかり出すこと。

表、カラーで裏、モノクロで、対比を出していこうという作です。静と動という対比も加味います。

 

Titleの文字にも、その対比を盛り込みました。

 

なかなかスタイリッシュなジャケットに仕上がったかな?

 

意図に沿って、仕上げていく楽しさは、格別です。

けっこうお気に入りの一点になりました。

 

水谷のLágrimas Negras

 

ROCK YOU 2020 オフィシャル

 

エントリーは、まだ間に合いますよ。

ぜひ一緒に。

オンライン展覧会もはじまり、サイトはにぎやかです。

 

展示は、10月後半広島でスタートして、大阪、東京と巡回します。

多くの方に作品を見てもらえることと思います。

 

エントリーに関しては、こちらのページを
 

| Exhibition | 15:07 | comments(0) | - |
YouTubeと黒木麻恵さん

 

 

昨日から始まっています。

YouTubeの事前収録ギャラリートークを見て来てくれた方も多かったみたい。

ありがたいことです。

 

元々は、ギャラリートークの聞き手をやるよってことになっていたんです。ま、僕からやりますよ〜って立候補だったのですが・・・。

新型コロナは、まだ終息に至りません。

密室空間であるギャラリーに、人を大勢集めることははばかられますので、、ギャラリートークは自粛という流れになりました。

 

黒木さんからは、「観に来ていただけるだけでも・・・」とあったのだけど、何か考えるよとお伝えしました。

 

配信のノウハウがないので、事前に録ってYouTubeでと提案。

僕は切り替えたばかりの訓練中の編集ソフトで、それこそ訓練も兼ねてやろうと考えていたわけです。

おかげで、かなり手が慣れました。

どこをどうするとどうなるってのは、慣れないといちいち思考が中断してダメなんです。

まだ苦労の連続でしたが、とても良い勉強になりました。

 

黒木さんから話を聞き、写真を見せてもらう中で、言葉にはならない気づきも多く、僕自身がかなり楽しんで諸々をやりました。

 

水谷チャンネルで、この先こういったこともまたやるかもしれません。

まだ僕の知らない面白い作家が、きっといるはず。

発掘というと少々大袈裟だけど、なにかそんな方向が自分の趣旨には合ってるかと考えているところです。

 

もちろんこれまで通り、生き方考え方を話すチャンネルであることには変わりありません。

掌蹠膿疱症も、改善しつつありなので、そろそろ本格稼働と思います。

 

YouTube水谷チャンネル

該当動画です。

https://youtu.be/sRfW0WbfBZo

 

黒木麻恵 写真展『中田島砂丘』

会期は、13日(日)16時までです。

 

会場:Roonee 247 finr arts|Room1

   東京都中央区日本橋小伝馬町 17-9 さとうビル4階

   03-6661-2276

   Web Site https://www.roonee.jp/

 

※撮影協力:シルクロードカフェ(錦糸町) https://www.silkroad-cafe.com/

インタビューの収録をさせていただきました。

超良い店。雰囲気落ち着く〜

コーヒー自家焙煎!!

 

改めて感謝します。

ありがとうございました。

 

 

ぜひ写真展、ご覧ください。

今日は14時くらいから、黒木さん会場にいるそうです。

写真に向かう姿勢が、ホントに素晴らしい人。


 

| Exhibition | 09:17 | comments(0) | - |
【ROCK YOU 2020】THIS IS NOT AMERICA制作プロセス

 

 

水谷セレクションのシングル部門で

1985年のデビット・ボウイとパット・メセニーの貴重な競演作です。

 

これ、とにかく名曲ですね。

じわじわと気分を上げてくれる、パット・メセニーの曲らしさ全開です。

 

「Falcon and the Snowman」というアメリカのスパイ映画のメインテーマです。

この映画の音楽監督をメセニーが務めたんですよね。

 

この映画のFalconってのは、隼(ハヤブサ)ですから、鳥を使おうとは、、なんとなく決めてました。

猛禽類はトンビだけど湘南に行けば必ず撮れるってことで、2月ごろサクッと撮りに。

ドンぴしゃなのは、なかなか首尾よくはいかないのだけど、数カット使えそうなものが撮れて、ストックにしてありました。

 

この映画、内容的には、軍需産業のスパイ事件って実話が元ネタです。

そのあたりのニュアンスは、後ろの飛行機のボケで表現。

湘南は、けっこう軍用機の撮影も可能です。よく飛んでますよね。

 

例によって、メモです。

 

絵柄は、もう頭にあったので、あれこれ悩んだりはありません。

文字選びだけは、けっこう時間かかりました。

 

個性的で強いもの。

クールだけど、古さも感じさせてくれるもの。

そんなことを基準に熟慮を重ね、この文字にたどり着きました。

シンプルですっきりした画面に、とても栄えてくれて、大正解。

 

水谷のTHIS IS NOT AMERICA

 

ROCK YOU 2020 オフィシャル

 

ROCK YOUの楽しさは、いわゆる元ネタへの挑戦。

自分ならどう解釈して、どう作るかということ。

思考の訓練にもなるので、かなり楽しいですね。

 

ぜひ、作品待ってます。

広島、大阪、東京と展示も巡回しますので、とても多くの方に作品を見てもらえます。

一緒に、やりましょう。

 


 

| Exhibition | 21:12 | comments(0) | - |
【ROCK YOU 2020】桑名正博 制作プロセス

 

 

課題に「セクシャルバイオレットNo.1」があるじゃないか!

アニキが課題に出ちゃ、僕としてはこれで行くしかない。

っていうことで力業ですが、ネタと思ってください。

 

これはもう、メモ書きして考えるまでもないので、シンプルにコンセプトだけ決めて作業に入りました。

 

もし、1990年に「セクシャルバイオレットNo.1」を再録する企画があったとしたら・・・・

これです、これ。

その考えを元に作りました。

 

88年後半から90年代の前半にかけて、いわゆる桑名さんが東京を拠点に活動していた最後期に僕が撮影を担当してたんですよ。ゆえにこの写真の撮影者は僕です。

今回、ネガからスキャンして仕上げていったわけですが、仕上げのポイントはスーツの艶感をいかに出すかです。

顔も含めた全体の調子を整えてから、スーツだけレベル補正で追い込みました。

良い感じの艶感が出たかな。

 

やはり楽曲の持つ色っぽさを、モノクロ写真であっても崩したくないという気持ちです。

撮影したのは、1990年。

つまりリアルに、こんな企画があったら、担当としてどういった提案をしただろう?

そんなことを考えながら心から楽しんで作りました。

 

アニキもきっと、あっちで喜んでくれるだろうと信じてます。

 

ホントにメッチャ優しくていい人なんですよ。

そして歌が好き。とにかく歌うことが好きな人。飲み屋であっても、そこにギターがあったら歌い始めちゃいます。おちゃらけじゃなくて、本気で熱唱。しかも夜が明けるまで。

偶然居合わせたお客さんたちには、とんでもないプレゼントでしたね。店が一体となって盛り上がっちゃう。

 

アニキが旅立ったのが59歳でした。

僕はその年齢を越えました。

アニキの心意気に答えるなら、「写真メッチャ好きやねん」で、これからも歩んでいきたいです。

 

89年リリースの名盤

僕が撮影を担当した。「For Paradise」

 

裏面

 

このアルバムは、下田逸郎さんが作詞で桑名さんが作曲。

とてもいいですよ。

もう、中古盤しか入手できないと思うけれど・・・

見つけたらぜひ聴いてみてください。

 

水谷のセクシャルバイオレットNo.1

 

ROCK YOU 2020 オフィシャル

| Exhibition | 17:23 | comments(0) | - |
【ROCK YOU 2020】THE BALLAD OF THE FALLEN - 制作プロセス

 

昨日、2点ばかり僕の作品が公開になりました。

ひとつは、育緒セレクションの桑名正博。そしてもうひとつがこちら、リベレーションミュージック・オーケストラの名盤 邦題「戦死者たちへのバラード」です。

 

オリジナル盤はシンプルなタイポグラフィーによる美しいジャケットです。

美しいなぁ〜

 

水谷セレクションということで、今回提示したものですが、僕にとって思い出深い一枚です。

リリースされた1983年は、まだアシスタント時代で、レコードを買う余裕はありません。時間を見つけてはジャズ喫茶に通って、貪るように音楽と出会っていた時期です。

よく行ってた店で、渋谷にあったジニアスでかかっていて出会いました。

美しいブラスアンサンブルは、クラッシックのそれと違っていて、フリーインプロビゼーションのリレーのような構成なのだけど、メロディアスでとても聴きやすい。

切ない曲調だけど熱い。そしてどこか自由な印象を感じました。

写メなんかない時代ですので、タイトルなどをメモして、必死に買いました。以来、愛聴盤トップ10にあるという感じ。今でもちっとも色褪せません。

 

さて、どう挑むか・・・

 

 

いつものように気づいたことを書き出します。

葬送曲というか、レクイエムです。

リベレーションミュージック・オーケストラの69年に出た第一作は、抗議の色が濃い反戦曲だったのだけど、これは、ある意味とても静かで、魂を鎮めようとしているかのような印象を受けます。

 

嘆きと希望が同居しているような・・・

 

いろいろ考えた結果、蜘蛛をドンとシンプルにと考えました。手のひらくらいの大きさの蜘蛛です。

あ、ちなみに標本ですよ。

サーフェスは、紙やすり。

ただ塗装して質感を少し変えています。 光は巨大面光源で、柔らかく優しい光で全体を包むような感じ。

 

虫嫌いな人には、一瞬、、、フリーズかもですが、

ある種オブジェクト化されているから、きっと受け入れてもらえると思います。

一応、僕の身近にいる虫嫌いフィルターのよう人に見てもらったら、、大丈夫〜〜って言ってた。(笑)

 

世界各地で絶えることのない紛争。

民族抗争だったり、宗教抗争だったり・・・

同じ人間同士が、ちっぽけなプライドにがんじがらめになっていて、くだらない覇権争いを繰り返す。

その縛られたくだらない価値観は、なかなか頑丈で抜け出せない。

そうした感覚を蜘蛛の糸に例えました。

裏面はその象徴である糸のイメージで金網を。

 

一見キモイけれど、蜘蛛って実は益虫ですよね?

つまり人間にとっては、大事にしたい存在でもある。

蜘蛛の糸がかんじがらめにするものは、人間にとって忌み嫌う害虫なのです。

 

そういった二重化された意味をこの作品に込めました。

 

どうぞご覧ください。

 

水谷のTHE BALLAD OF THE FALLEN

 

ROCK YOU 2020オフィシャル

 

 

| Exhibition | 00:45 | comments(0) | - |
【ROCK YOU 2020】愛する人へ - 岡林信康 制作プロセス

 

 

岡林信康さんが1970年にリリースしたアルバム、「見るまえに跳べ」の1曲目で、シングルカットもされた名曲です。

バックを務めるはっぴいえんどのサウンドがまたメッチャ良い。

当時、バンド組んでた中高生にとっては、手本のようなサウンドだった気がします。

 

真っすぐで澄んだ歌声で、別れの後悔を吐露している感じですね。

なんか、、わかります。

ってなわけで、水谷セレクションの課題曲です。

 

僕の制作プロセスです。

 

 

いつものように、気づいたことを書き出していくわけですが・・・

まずは、歌詞を理解しなおすところからです。

 

う〜ん。これ、熱心に聴いていた中学生の頃と、印象が全く違っていて驚いた。

還暦の今となっては、やはり経験の差というのか、歌詞にある心境の意味が、やはり深く理解できるというか・・・

 

どっちにしろ、こいつ、かなりのクソ野郎って気がします。

まぁ〜男ってやつは、、、ですね。

自分自身にもメッチャ当てはまるので、逆にむかつく!

 

別れてしまった彼女への懺悔と言えますが・・・新しい人もういるじゃん。でもって、タイトルの愛する人へは、その現在進行形の彼女のことのようでもあるが、元の彼女に対する未練がべったりと張り付いている感がぬぐえない感じで、少しイラつきます。近親憎悪っぽいな。(汗)

 

歌詞の中に、「僕」というワードが何度も出てくる。

岡林さんは、かなりの自己中、甘えんぼ体質っぽいですね。

あ〜それもまた、自分と重なる・・・

も〜〜って心境です。

 

愛とか、愛するとか、そもそも愛ってなんだとか、考えたりしつつ、ビジュアルを練るわけですが、僕は、この歌詞からは離れることにしました。

単純に目の前にいる愛する人という状況を考えることに・・・

 

無防備、リラックス、信頼、あけすけ、、なんぞが浮かんできます。

 

ということで、素っ裸で水に浮く女。

もう、これしかないでしょう。(笑)

 

プールサイドで、こんな彼女を眺めながら、ビールなんか飲んでたら、幸せだよね。

でも、恋する人じゃない、愛する人なので、ウキウキした感じだけではない。厳しさとか信頼とか、、ピーカンの晴天じゃないところが、心境とよりマッチしてるように思います。

 

あ〜甘ったれた男の唄だったな。

制作は、結果的に自分自身の懺悔のような時間でした。

 

水谷の「愛する人へ」

 

ROCK YOU 2020オフィシャル

 

まだまだ募集中です。

アルバムアートの制作は、かなり面白いよ。

ぜひ!

 

| Exhibition | 13:19 | comments(0) | - |
【ROCK YOU 2020】水谷のJan Michel Jarre - OXYGENE

 

 

↑↑↑これは、水谷の完成作品。

 

ROCK YOU 2020で、水谷セレクションの課題アルバム

Jan Michel Jarre - OXYGENEに挑んだ思考プロセスについてのお話です。

 

オリジナルのジャケットは、リリース当時の1976年にも話題になりました。

なんとも不気味なインパクトで、楽曲の印象をある意味で補強しているようなところもあった気がします。

 

貼っておきます。

 

 

これ、なんともステキでしょ?

このオリジナルに対抗するってのは、なかなか厄介なことです。

 

いつものように、気づいたことを紙に書き出して考えを整理します。

 

 

日本盤には、邦題として「幻想惑星」と名付けられていたのですが、なんとなくしっくりこない印象を感じていました。ゆえに、あくまでも原題のOXYGENEで考えることにしました。

 

酸素ですから、、空気とかです。惑星にからめるなら、大気や気流ってのもあるなぁ〜と。

その他に、光合成する植物や、、そう人間をはじめとする生物も酸素とは縁が深い。

 

気流が風をつくるなぁ〜とか、地球上の自然現象も、酸素あってこそ。

素材として大好きな火も、酸素が欠かせない。

と、まぁ〜とりとめもなく関連ありそうなワードを列挙して考えを絞ります。

 

女性の顔を観ていたら、瞳ってそもそも宇宙だなぁ〜とね。わけもなく思ったのでした。

あっ!惑星にも見えるなぁ、たしかに。とね。

ポートレートを撮る際に、瞳の中もわりかし気にする僕は、そこに何を映してあげればいい?と、なんとなく目を撮る気満々でした。

そして、昨日のポスト、黒木麻恵さんとの2回目の打合せの時、目を撮らせて欲しいとお願いして・・・

マクロレンズ持参で打合せに。

 

河川敷で雲と川と地面が写りこむ角度で立ってもらい、、すると丁度いい順光です。

目に映る炎は、別撮りして合成です。

撮影時は、そのガイドにするべく、ライターの炎を見てもらいました。

 

炎は、抜き出す際のエッジのぼかし具合と、瞳に合わせる際の、歪みと透過度をきめ細かく調整ししました。

合成による違和感は好みません。あくまでも自然らしく。

 

肌の色味は、炎で少し照らされているという雰囲気と、強さを意識して仕上げます。

細部を整えて完成。

TIFFデーターは、5レイヤーで400MBほど。

自分的には、考えていた以上の結果で、なかなかいいんじゃないかと自負していますが、、いかがでしょう?

 

Titleやartist名の文字は、アルバムが発売された1976年を意識して、少しレトロ感のあるものを。

やはり炎に照らされている感を出したいのと、全体の色調をそろえることで、文字が悪目立ちしないように配慮しました。

 

公募の方々も、それぞれ工夫を凝らして、素晴らしいものを出展されています。

オンライン展覧会ということで、Web上で観れますので、ぜひ。

展示は、10月から、広島、大阪、東京と巡回しますので、お楽しみに。

 

応募は、10/10まで。

かなり楽しいので、考えてるんだったらやっちゃってください。

ゲストフォトグラファーの面々による講評付きですよ。

 

ROCK YOU 2020 オフィシャルサイト

 

水谷のOXYGENE

 

 

 


 

| Exhibition | 15:05 | comments(0) | - |
『場所』に魅了されるということ

 

 

9月8日からルーニー247 で個展を開催する黒木麻恵さんにお話を聞いてきました。

当初、3月に予定されていた写真展が、新型コロナ問題で延期という流れ。ご丁寧に、延期になってしまったというインフォメーションを頂いた。

そのメッセに返信する形で、「浜松にご縁がある方なんですか?」と問いかけた。

 

写真展は、「中田島砂丘」

実は、僕の数か所ある理由もなく好きな場所のひとつで、、ここを撮ってる人がいるんだなぁ〜とDMを頂いたときに、その写真のたたずまいに妙に惹かれて、開催を楽しみにしていたのでした。

 

黒木さんは、関東圏にお住まいの方で、浜松に縁者がいるわけでもない。

2004年にちょっとしたきっかけで中田島砂丘を訪れ、これまでに10回ほど通って、写真を撮っているということだった。

けっして行きやすい場所じゃない。特に関東圏からだと、気軽に、、というわけにはいかない。

 

場所に魅入られるという感覚は、写真をやるものならば思い当たるところがあることだけど、、僕の良く知る中田島砂丘のどこに彼女は魅入られたのだろう。こうなるとなんだか俄然興味が増してくる。

 

それで、その返信メッセに「開催日が決まったらギャラリートークの聞き役をやりましょうか?」と。ともかく話が聞いてみたくて仕方がない。それならギャラリートークで聞いちゃうのが手っ取り早いな〜という判断でした。

 

ところが新型コロナは、すっきりと終息とはならず、多勢の人が集まってしまうギャラリートークはまだやりにくい状況です。生配信のノウハウはないので、事前収録で話を聞くという方法をとりました。

 

打合せでお目にかかったとき、「初めまして」とご挨拶。

どこで名刺交換をしていたかも曖昧なくらい、以前会ったのは一瞬のことで、本当にほぼ彼女のことはなにも知りません。

中田島砂丘の出会いや写真にまつわるこれまでのことなど、夢中で話を聞き、また話をして、、あっという間に数時間。

 

これは、ホントについ先日の話。

 

収録の構成案を作り、2度目の打合せの折、僕がちょうど制作中のROCK YOUの課題を、、ちょっと目を貸してもらっていい?とぶしつけなお願いを。(笑)

お互いの中間点という感じの、登戸でお目にかかっていたので、ちょろっと歩いて多摩川の河川敷へ。

 

そうこうして、漕ぎ着けた収録は、彼女に縁の深い錦糸町のお店、シルクロードカフェを借りて。

中田島砂丘との出会い。鶏卵紙との出会いや形にする段階での苦労など、いろいろと聞かせてもらいました。

誠実に言葉を探す彼女の姿勢は、出来上がった作品によく表れています。

 

今、鋭意編集中。

写真展開催初日に、僕のYouTubeチャンネルから配信します。

お楽しみに。

 

ちなみにDMも貼っておきます。

↓↓↓

 

9月8日(火)から9月13日(日)
時間 12:00〜19:00(最終日は16:00まで)
Roonee 247 fine arts Room1
東京都中央区日本橋小伝馬町17-9 さとうビル4階
Web Siteをぜひご覧ください。
彼女のステートメントが、とても良いです。
誠実に場所と向き合ってきた心持が伝わってきます。

 

 

 


 

| Exhibition | 13:27 | comments(0) | - |
ROCK YOU 2020 オンライン展覧会スタート

 

 

https://rockyouphoto.com/

 

オンライン展覧会、はじまってます。

コロナの影響による展示の延期に伴って、エントリーの受付も延長になりました。

 

締め切りは10月10日

楽勝で間に合いますよ〜

ぜひ一緒に楽しみましょう。

 

ともかく、オンライン展覧会を覗いてみてください。

みなさんそれぞれ、自由に解釈してジャケット制作に挑んでいます。

とっても楽しい!

 

 

| Exhibition | 16:31 | comments(0) | - |
ROCK YOU 2020 展示日程10月に延期!

 

東京、大阪、広島でのすべての展示とイベントを「延期」させて頂くこととなりました。

再スタートは広島から。10月29日(木)〜11月3日(火/祝日) gallery BLACKにて開催いたします。

 

大阪、東京の展示は、日程が決定次第随時お知らせいたします。

 

延期に伴い、エントリー受付も再開いたします。

 

オンライン展示は、8月10日からの予定です。

ご期待ください。

 

| Exhibition | 18:48 | comments(0) | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
+ PROFILE











+ RECOMMEND
70s原宿 原風景 エッセイ集 思い出のあの店、あの場所
70s原宿 原風景 エッセイ集 思い出のあの店、あの場所 (JUGEMレビュー »)
中村のん(編集),高橋靖子,中西俊夫,藤原ヒロシ,大久保喜市,柳本浩市,ミック・イタヤ,安田あけみ,野上眞宏,牧村憲一,國分紘子,平野久美子,糟谷銑司,田島由利子,橘かがり,松木直也,茅野裕城子,前むつみ,染吾郎,井上伸夫,鳥山雄司,伊島薫,関口シュン,薙野たかひろ,黒木実,マキノユキオ,風間正,白谷敏夫,水谷充,横森美奈子,篠原朗,伊藤悦朗,伏見行介,藤田峰人,石川武志,熊谷正,達川清,山田英幸,山本ちえ,村野めぐみ,マーク・東野,高野(赤松)緑,遠山秀子,白川良行
70年代の原宿は、日本のファッションや音楽にとって、しみじみ重要な場所だったんだなぁ〜と思う。素晴らしい執筆陣の末席に、僕もセントラルアパートの中庭にあったカフェの思い出を寄稿させていただいています。ある意味で歴史書。読んでいるとワクワクする本です。
+ RECOMMEND
トレジャー
トレジャー (JUGEMレビュー »)
藤陵雅裕
JAZZの楽しさを教えてくれる1枚。レギュラーバンドならではの息の合ったプレイが心地よい。
ジャケットのアートワークを担当しました。
+ RECOMMEND
ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3
ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3 (JUGEMレビュー »)

コストパフォーマンス抜群。フルサイズ・ミラーレス時代の基準になる1台かも。
+ RECOMMEND
タムロン(TAMRON) 28-75mm F/2.8 Di III RXD ソニーEマウント用(Model A036)
タムロン(TAMRON) 28-75mm F/2.8 Di III RXD ソニーEマウント用(Model A036) (JUGEMレビュー »)

重すぎず太すぎず。持ったときのバランスも良い。総合力の高いαE用の標準ズーム。僕にとっても手放せない1本。
+ RECOMMEND
マインドスケープ
マインドスケープ (JUGEMレビュー »)
藤陵雅裕
CDジャケットのアートワークを担当。透明感のあるサックスの音色と疾走感が心地よいサウンド。JAZZ SAXの魅力を知るには最高の一枚です。
+ RECOMMEND
自然職のススメ
自然職のススメ (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
農業、漁業、林業の現場を取材したフォト・ドキュメント。就業情報も網羅した、生き方提案書です。
+ RECOMMEND
匠の姿〈vol.1〉衣
匠の姿〈vol.1〉衣 (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
衣食住遊祭の全5巻。35人の伝統工芸職人を3年半かけて取材したフォトドキュメントです。資料的価値もあって、1999年の発刊以来、ロングセラーを続けています。
+ RECOMMEND
天使の宝石箱
天使の宝石箱 (JUGEMレビュー »)
小松長生,yumi,オーケストラ・アンサンブル金沢,渡辺俊幸,浦壁信ニ,朝川朋之,佐野秀典,竹内淳
ジャケット写真を担当しました。フルートの素晴らしさ+かわいらしさ。注目のフルーティストです。ぜひ聴いてみてください。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ Blog People
+ Trackback People
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ