写真・映像制作者 水谷充の私的視線

〜「見てきたもの」記録装置 カメラがくれた宝物 〜
<< チームワークを展示する | main | 花曇りの南房総から・・・ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
山に入る
 

 奥多摩は密度の濃い空気が満ちあふれていた。
週末の悪天候で、近海定置網の漁船への乗船は延期。今日は、久々にちょっと晴れ。早朝から奥多摩の山に入りました。
降り続いた雨のせいで、木々の色も綺麗。山の斜面に堆積する腐葉土も、しっとりと濡れていた。蒸し暑さを覚悟していたのだけれど、むしろひんやりと肌寒い。密度の濃い空気も、少し冷たい感触。御陰で、深呼吸が身体を目覚めさせる格好の手段となった。

 今日は、山の所有権境界を見極める作業。植えられた木の種類や、その成長具合を地図にある区分と照合してゆくのだが・・・。
見極めの難しさ以前に、道のない急傾斜の山を上り下りするアクションに、閉口したよ。傾斜角度、約35度。実際の斜面を前にすると、壁のように感じられる。表層を腐葉土が覆っている為に、感触はかなりフカフカと柔らかい。ただし、それは滑りやすいということでもある。

 ともかく作業員に方に続いて、登り始める。彼らの辿るルートを参考にして行くのだが・・・。とにかくペースが早くて追いつけない。「撮影しながらゆっくりと行きますから〜」と、悔し紛れの言い訳をしながら、マイペースを貫く。
けっして登りで無理をしてはいけない。なぜなら、下りはもっとヤバイからね。数少ない過去の山登り経験から、予想される今日の後半を考えていた。下りのしんどさ、難しさは、登りどころじゃないのだ。

 30分ほど登っていくと、もうすでに足腰が笑い始めた。いつもの日常とは違う筋肉が、ものすごい勢いで使われている。立ち止まると、ドッと汗が噴き出し、立ち眩みが。
気持ちを落ち着けて、深呼吸を繰り返す。すると信じられない勢いで復調する。身体の末端まで、酸素が行き渡る感覚。
やっぱり、木はいいね。人に優しい。お礼に、たっぷりと二酸化炭素をプレゼント(笑)。

 
この傾斜ですよ〜。ヤバイでしょ

 数年前に間引きをやっているところは、こうして地面にも日射しが届く。間引きをしなければ、もっと暗く、地面から顔を出す新芽も少なくなる。

 近々、実際の伐採作業を撮影できることとなった。幹に喰い込むチェーンソーと、倒れ行く木々をこの目で確かめてみたい。
明日は、おそらく筋肉痛。いや2〜3日後か!

JUGEMテーマ:写真
 
| Location | 01:08 | comments(4) | - |
スポンサーサイト
| - | 01:08 | - | - |
去年の夏、はじめて奥秩父に行きました。東京から数時間で行けるところにもこんなところがあったのか!と思いましたね。まだ高尾山にも行ったことないのですが、いろいろありそうですね。東京の周りにも。
| maki | 2009/06/02 6:20 PM |

奥多摩は、以外と険しい山が多いんですよ。
林道が整備されていたとしても、かなりの難ルートが多い。
木々の密度もなかなかのもの。東京都、侮れない! です。
| mitsuru♪ | 2009/06/02 11:12 PM |

タイムリーですね
昔は里山に人がすんでいたものです

しかしこうして本来山にあったわけではない大木を植え、伐採して光をあてることによって
野ねずみが繁殖し生態系がくずれていったのは、ちょうど高度成長期のころと
重なると言います

山には里がありいろんな動物が共存し人間もその一部だったはず

人が意図的に手を加えることによって地盤もゆるみこの大木では山の水がたもてないんです

今では中国が日本の木材がただ同然に買えるので山林を買い占めています

気がつけばあの山は中国のもの!なんてところがあるのかも
(汗)
なんでメディアはこういうこと伝えないんだろと思います

伐採された木材はどこへゆくんだろ〜
ぜひ続きを楽しみにしています。

| みっち | 2009/06/02 11:23 PM |

今のところ伐採された木は、その場に放置です。
山から降ろすのに掛かる費用ほどの使途が見込めないのだそうです。

東京都はまだ税収が豊富だから、市場の崩壊した木材販売に見切りを付け、雑木に植え直しをやってるんですね。
高度経済成長期に人間にしてきたことは、じわじわとしっぺ返しとして今に生きる人の身に降りかかって来ています。
政治に厳しい目を向けないと、本当に未来は悲惨です。
| mitsuru♪ | 2009/06/03 2:28 AM |










      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
+ PROFILE










+ RECOMMEND
70s原宿 原風景 エッセイ集 思い出のあの店、あの場所
70s原宿 原風景 エッセイ集 思い出のあの店、あの場所 (JUGEMレビュー »)
中村のん(編集),高橋靖子,中西俊夫,藤原ヒロシ,大久保喜市,柳本浩市,ミック・イタヤ,安田あけみ,野上眞宏,牧村憲一,國分紘子,平野久美子,糟谷銑司,田島由利子,橘かがり,松木直也,茅野裕城子,前むつみ,染吾郎,井上伸夫,鳥山雄司,伊島薫,関口シュン,薙野たかひろ,黒木実,マキノユキオ,風間正,白谷敏夫,水谷充,横森美奈子,篠原朗,伊藤悦朗,伏見行介,藤田峰人,石川武志,熊谷正,達川清,山田英幸,山本ちえ,村野めぐみ,マーク・東野,高野(赤松)緑,遠山秀子,白川良行
70年代の原宿は、日本のファッションや音楽にとって、しみじみ重要な場所だったんだなぁ〜と思う。素晴らしい執筆陣の末席に、僕もセントラルアパートの中庭にあったカフェの思い出を寄稿させていただいています。ある意味で歴史書。読んでいるとワクワクする本です。
+ RECOMMEND
トレジャー
トレジャー (JUGEMレビュー »)
藤陵雅裕
JAZZの楽しさを教えてくれる1枚。レギュラーバンドならではの息の合ったプレイが心地よい。
ジャケットのアートワークを担当しました。
+ RECOMMEND
ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3
ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3 (JUGEMレビュー »)

コストパフォーマンス抜群。フルサイズ・ミラーレス時代の基準になる1台かも。
+ RECOMMEND
タムロン(TAMRON) 28-75mm F/2.8 Di III RXD ソニーEマウント用(Model A036)
タムロン(TAMRON) 28-75mm F/2.8 Di III RXD ソニーEマウント用(Model A036) (JUGEMレビュー »)

重すぎず太すぎず。持ったときのバランスも良い。総合力の高いαE用の標準ズーム。僕にとっても手放せない1本。
+ RECOMMEND
マインドスケープ
マインドスケープ (JUGEMレビュー »)
藤陵雅裕
CDジャケットのアートワークを担当。透明感のあるサックスの音色と疾走感が心地よいサウンド。JAZZ SAXの魅力を知るには最高の一枚です。
+ RECOMMEND
自然職のススメ
自然職のススメ (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
農業、漁業、林業の現場を取材したフォト・ドキュメント。就業情報も網羅した、生き方提案書です。
+ RECOMMEND
匠の姿〈vol.1〉衣
匠の姿〈vol.1〉衣 (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
衣食住遊祭の全5巻。35人の伝統工芸職人を3年半かけて取材したフォトドキュメントです。資料的価値もあって、1999年の発刊以来、ロングセラーを続けています。
+ RECOMMEND
天使の宝石箱
天使の宝石箱 (JUGEMレビュー »)
小松長生,yumi,オーケストラ・アンサンブル金沢,渡辺俊幸,浦壁信ニ,朝川朋之,佐野秀典,竹内淳
ジャケット写真を担当しました。フルートの素晴らしさ+かわいらしさ。注目のフルーティストです。ぜひ聴いてみてください。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ Blog People
+ Trackback People
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ