写真・映像制作者 水谷充の私的視線

〜「見てきたもの」記録装置 カメラがくれた宝物 〜
<< プロセス | main | 芸術はやはり爆発していた。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
漫画から学ぶこと


 僕の雑学王たる源は、間違いなく漫画の読み過ぎがもたらしたものだ(笑)。
実は、物心ついて最初に持ったリアルな夢は、漫画家になるということだった。漫画家・石森章太郎が出版した「マンガ家入門」という、いわゆる手引き書を読んだ中学1年の頃、かなり真剣にその道に進みたいと妄想したものだ。
漫画家に傾倒した一番の理由は、自分自身が読みまくってる子供だったからだと思う。週刊漫画誌の熱心な読者であり、お小遣いを貯めちゃ〜コミックスを買う。主人公になりきるなんて〜のは朝飯前だ。
マンガは、ご存知のように様々なジャンル題材がある。概ね、未熟な主人公が、幾多の苦難を乗り越え成長して行く様子が描かれている。非常に素直な子供だった僕は(今でも)、意図も容易くその罠に陥り、その主人公の人生と同化してしまう。

 小学生の頃、最初にはまったマンガは、貝塚ひろし「父の魂」。バット職人を父に持つ子が、ピッチャーとして成長していく野球マンガだ。たしか、少年ジャンプに連載されていたように記憶している。小学校3,4年くらいだったかなぁ〜。いや、もう少し前だったか・・・。
記憶が少し怪しいけれど、話の内容や絵柄のディテールは、今でもリアルに覚えている。
ともかく面白いのは、このマンガを読みふけったおかげで、小学校半ばにして、バットってもんがどの様に作られるのかを知っていたってことだ。
ご多分に漏れず、少年野球で放課後を過ごしていた僕は、バッターボックスに立つたびに、バット職人のことを思い浮かべながらスイングをしていたんだよ。
木目をちゃんと読んで、ボールにパワーが伝わりやすいようにバットを握ったりもしていた。

 こうして大人になって振り返ってみると、たわいもない話なんだけどね。当の子供にしてみりゃ、かなりマジな気分だし、実際、知識や志形成に大きな役割を果たしていたんだと気づく。
もし、マンガを読まないで今に至っていたとしたら・・・。そうだなぁ〜、今に様に湯水の如く企画が思い浮かぶような人にはなっていなかったんじゃないかと思うよ。

 漫画家・貝塚ひろしは、その後「柔道賛歌」って作品を書き、これはTVアニメにもなったりして、いわゆるブレイクしたんだね。
”柔よく剛を制す”なんて言葉を知り、その意味に感銘を受けたりしていたなぁ。小学生が、だよ!

 「タイガーマスク」は、孤児院だの孤児だの、社会の暗部をさりげなく教えてくれたし、「男一匹ガキ大将」で、株取引の世界を知ったりもして・・・・。
絵柄が苦手で、若干入り込むのに時間がかかった手塚治虫作品だって、まるで人生の教科書の如き、教えに満ちあふれていたよ。
もう、書き出したらきりがない。本当に多くの作品から、様々なことを学んで今がある。漫画家は時にchannelerなんだとマジで思うよ。

 子供が読みたがるものなら、なんでも好きに読ませればいい。
大人の曇った目線で、良書・悪書の分別をするべきでない。読んだものから、子供自身が善悪を判別していくだろうし。そもそも自分自身で見つけなければ、身に付くはずもない。

 残る名作、今なお生まれる新作。
すべてが実用的なバイブルだと断言するよ。

| Memorys | 03:55 | comments(1) | - |
スポンサーサイト
| - | 03:55 | - | - |
違うページで R指定がいると 書いてしまった。
タイガーマスクの初代のアニメは 反則技で 恐ろしい
どういう見方をするかもあるけれど 初代 タイガーマスクも名作だと思う。
| 村石太6053号名古屋 | 2010/05/20 10:13 PM |










      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
+ PROFILE










+ RECOMMEND
70s原宿 原風景 エッセイ集 思い出のあの店、あの場所
70s原宿 原風景 エッセイ集 思い出のあの店、あの場所 (JUGEMレビュー »)
中村のん(編集),高橋靖子,中西俊夫,藤原ヒロシ,大久保喜市,柳本浩市,ミック・イタヤ,安田あけみ,野上眞宏,牧村憲一,國分紘子,平野久美子,糟谷銑司,田島由利子,橘かがり,松木直也,茅野裕城子,前むつみ,染吾郎,井上伸夫,鳥山雄司,伊島薫,関口シュン,薙野たかひろ,黒木実,マキノユキオ,風間正,白谷敏夫,水谷充,横森美奈子,篠原朗,伊藤悦朗,伏見行介,藤田峰人,石川武志,熊谷正,達川清,山田英幸,山本ちえ,村野めぐみ,マーク・東野,高野(赤松)緑,遠山秀子,白川良行
70年代の原宿は、日本のファッションや音楽にとって、しみじみ重要な場所だったんだなぁ〜と思う。素晴らしい執筆陣の末席に、僕もセントラルアパートの中庭にあったカフェの思い出を寄稿させていただいています。ある意味で歴史書。読んでいるとワクワクする本です。
+ RECOMMEND
トレジャー
トレジャー (JUGEMレビュー »)
藤陵雅裕
JAZZの楽しさを教えてくれる1枚。レギュラーバンドならではの息の合ったプレイが心地よい。
ジャケットのアートワークを担当しました。
+ RECOMMEND
ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3
ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3 (JUGEMレビュー »)

コストパフォーマンス抜群。フルサイズ・ミラーレス時代の基準になる1台かも。
+ RECOMMEND
タムロン(TAMRON) 28-75mm F/2.8 Di III RXD ソニーEマウント用(Model A036)
タムロン(TAMRON) 28-75mm F/2.8 Di III RXD ソニーEマウント用(Model A036) (JUGEMレビュー »)

重すぎず太すぎず。持ったときのバランスも良い。総合力の高いαE用の標準ズーム。僕にとっても手放せない1本。
+ RECOMMEND
マインドスケープ
マインドスケープ (JUGEMレビュー »)
藤陵雅裕
CDジャケットのアートワークを担当。透明感のあるサックスの音色と疾走感が心地よいサウンド。JAZZ SAXの魅力を知るには最高の一枚です。
+ RECOMMEND
自然職のススメ
自然職のススメ (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
農業、漁業、林業の現場を取材したフォト・ドキュメント。就業情報も網羅した、生き方提案書です。
+ RECOMMEND
匠の姿〈vol.1〉衣
匠の姿〈vol.1〉衣 (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
衣食住遊祭の全5巻。35人の伝統工芸職人を3年半かけて取材したフォトドキュメントです。資料的価値もあって、1999年の発刊以来、ロングセラーを続けています。
+ RECOMMEND
天使の宝石箱
天使の宝石箱 (JUGEMレビュー »)
小松長生,yumi,オーケストラ・アンサンブル金沢,渡辺俊幸,浦壁信ニ,朝川朋之,佐野秀典,竹内淳
ジャケット写真を担当しました。フルートの素晴らしさ+かわいらしさ。注目のフルーティストです。ぜひ聴いてみてください。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ Blog People
+ Trackback People
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ