写真・映像制作人 水谷充の私的視線

〜「見てきたもの」記録装置 カメラがくれた宝物 〜
<< 漫画から学ぶこと | main | アラオヨコギ・フォト・クラブ初日 >>
芸術はやはり爆発していた。
  川崎市岡本太郎美術館へ。
やっぱり凄い人だなぁ〜と、感服しつつ拝観。

常設展は当然岡本太郎一色で、じっくり堪能できるボリュームがある。建物も、岡本太郎テイストが楽しい。

岡本太郎って人は、カメを持ってフィールドワークなんてものをけっこうやっていたんだね〜。地方にある伝統的祭りなどから、発想のヒントを得ていた部分がかなりのウエイトをしめていたのだと初めて知った。
そしてもう一点、縄文式土器からの影響も顕著だ。
太古からある人間の根源的表現願望が、根底に流れているんだろうなぁ〜。極彩色に気を取られて、そうした特性は今まで見えていなかった。そう言えば、大阪万博の太陽の塔。あれはどこか埴輪的かもしれない。

 アートは、作品から受ける印象で楽しめばそれでいいと思っていたんだけれど・・・。その作家自身の背景や、作品が生まれた経緯、時代背景など様々を知ると、もっと楽しめるのだと最近つくづく感じている。作品を読み込むって言うのかなぁ? うん、そんなニュアンスかも。



 ここ、良いところだね。
日本民家園と隣接しているから、暖かな日に時間をしっかりとって散策してみたいなぁ〜。湧き水が生み出す小さな流れが、森に心地よい音を響かせている。丁度、カエルも鳴き始めた時期だ。目に、耳に、肌に。東京至近にある心地よい場所ベスト3に入れたいと思う。


 

日射し、木々、水。何もかもが心地よい。
さて、誰と歩きますか? 
一人より二人。丸井だったっけ? かつての名作コピーがふと頭をよぎったよ。

 存在するすべて。それを誰と共に受け止めるのか。
ベーシックな感覚として、やはり人は一人じゃ生きていけないのだと、歩くカップル達を眺めながらしみじみと感じた休日でした。

 芸術は、そんな日々の営みに花を添える衝撃。
気分の奥で、小さな爆発を感じたよ。 さて、明日はどっちだ?(笑)



JUGEMテーマ:アート・デザイン
| ART | 04:54 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| - | 04:54 | - | - |
カテゴリーから アート で 拝見しています。
岡本太郎さん の ポスター カッコいいですね
こちらの写真 うまく言えないけど いいですね。癒されます。私は 絵も好きです。写真同好会(名前検討中
アート研究会(名前検討中
| 村石太星人 | 2011/02/20 12:40 PM |

コメントに気づかず、返事が遅くなってしまいました。ごめんなさい。ぜひぜひ、写真や絵画、一杯浸ってください。本当に芸術は生きていくのに必要な刺激です。
| Mizutani | 2011/03/08 1:57 AM |










     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ PROFILE










+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
マインドスケープ
マインドスケープ (JUGEMレビュー »)
藤陵雅裕
CDジャケットのアートワークを担当。透明感のあるサックスの音色と疾走感が心地よいサウンド。JAZZ SAXの魅力を知るには最高の一枚です。
+ RECOMMEND
自然職のススメ
自然職のススメ (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
農業、漁業、林業の現場を取材したフォト・ドキュメント。就業情報も網羅した、生き方提案書です。
+ RECOMMEND
匠の姿〈vol.1〉衣
匠の姿〈vol.1〉衣 (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
衣食住遊祭の全5巻。35人の伝統工芸職人を3年半かけて取材したフォトドキュメントです。資料的価値もあって、1999年の発刊以来、ロングセラーを続けています。
+ RECOMMEND
天使の宝石箱
天使の宝石箱 (JUGEMレビュー »)
小松長生,yumi,オーケストラ・アンサンブル金沢,渡辺俊幸,浦壁信ニ,朝川朋之,佐野秀典,竹内淳
ジャケット写真を担当しました。フルートの素晴らしさ+かわいらしさ。注目のフルーティストです。ぜひ聴いてみてください。
+ RECOMMEND
JUST WAIT―坂田栄一郎写真集
JUST WAIT―坂田栄一郎写真集 (JUGEMレビュー »)
坂田 栄一郎
アエラの表紙撮影でおなじみの写真家。1966〜1970リチャード・アベドンの助手を務めていた氏の、ニューヨーク時代に撮影された作品群です。初写真集化です。ぜひご覧ください。僕はこの人に憧れて写真を仕事にしました。孫弟子でもあります。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ Blog People
+ Trackback People
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ