写真・映像制作人 水谷充の私的視線

〜「見てきたもの」記録装置 カメラがくれた宝物 〜
<< TOKYO PHOTO 2010閉幕 | main | 信頼感 >>
残すべき意味、撮るべき意義


 GALLERY 21の太田菜穂子氏が提唱するアートプロジェクト
「Forest among us」が始動した。
僕もCollaboratorとして、このプロジェクトに参加します。

プロジェクトの核は、4人の写真家が撮り下ろす”東京の森”
皇居の森:土田ヒロミ
神宮の森:広川泰士
上野の森:鈴木理策
目白の森:M.HASUI

僕は、「写真芸術の現場」制作者として関わっていきます。
それぞれの撮影現場や肉声を記録し、配信していく予定です。

以下は、プロジェクト公式サイトに掲載していただいた僕のStatementです。

 「東京の森」と聞いたとき、僕は乱立したビル街の光景を思い浮かべた。神宮や皇居や上野を『森』という認識で見ていなかったんだ なぁ。家から近い明治神宮を改めて歩いてみた。確かにここは「東京の森」だ。緑に囲まれた中へ進んでいくと、幾分かひんやりと涼しい。雨上がりで湿った地 面からは、フワッと独特の匂いが立ち、なんだか懐かしい気分になる。柔らかな踏み心地は歩く膝にも優しい。都会を覆い尽くしたアスファルトが、いかに暴力 的かと思い知らされる。

このプロジェクトは、都会に住む人には再認識を促す。また、東京を知らない人には、今までと少し違った魅力を提案してくれる。しかもその手法をアートに求めたところが素晴らしい。撮る理由、残す理由を、「公共」という意識の方向で見ているのかもしれない。

太田菜穂子氏が指名した4人の写真家は、それぞれどの様に命題を消化し、写しとっていくのだろう。何かワクワクする気分を持って、そのプロセスを見ていこうと思う。


残すべき意味、撮るべき意義
そういったものを丁寧に構築し、それに基づいて写真を作ってゆく。
作品制作に一人立ち向かう写真家が、通常踏むプロセスとは少々異なった流れで、作品を生み出していく。
しかし、GALLERYと作家の関係に於いて、特に絵画や彫刻ではしばしば行われる手法。特別変わったことをやろうってわけじゃない。
ただ、プロジェクトそのものの推移を、定期的に発信し、生み出される作品のみならず、プロジェクト全体に意義を持たせてしまおうという試みは素晴らしい。

これから、ほぼ1年を一つの単位として進めていくようだ。
動き出した先に、どんな結末が待っていようと、僕の出来る精一杯で記録・配信していこうと思う。

随時、こちらでも情報発信をしていきますが、まずは公式サイトにぜひ目を通してください。

Forest among us 公式サイト
http://forest-among-us.com/


JUGEMテーマ:写真


| ART | 23:51 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 23:51 | - | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ PROFILE










+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
マインドスケープ
マインドスケープ (JUGEMレビュー »)
藤陵雅裕
CDジャケットのアートワークを担当。透明感のあるサックスの音色と疾走感が心地よいサウンド。JAZZ SAXの魅力を知るには最高の一枚です。
+ RECOMMEND
自然職のススメ
自然職のススメ (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
農業、漁業、林業の現場を取材したフォト・ドキュメント。就業情報も網羅した、生き方提案書です。
+ RECOMMEND
匠の姿〈vol.1〉衣
匠の姿〈vol.1〉衣 (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
衣食住遊祭の全5巻。35人の伝統工芸職人を3年半かけて取材したフォトドキュメントです。資料的価値もあって、1999年の発刊以来、ロングセラーを続けています。
+ RECOMMEND
天使の宝石箱
天使の宝石箱 (JUGEMレビュー »)
小松長生,yumi,オーケストラ・アンサンブル金沢,渡辺俊幸,浦壁信ニ,朝川朋之,佐野秀典,竹内淳
ジャケット写真を担当しました。フルートの素晴らしさ+かわいらしさ。注目のフルーティストです。ぜひ聴いてみてください。
+ RECOMMEND
JUST WAIT―坂田栄一郎写真集
JUST WAIT―坂田栄一郎写真集 (JUGEMレビュー »)
坂田 栄一郎
アエラの表紙撮影でおなじみの写真家。1966〜1970リチャード・アベドンの助手を務めていた氏の、ニューヨーク時代に撮影された作品群です。初写真集化です。ぜひご覧ください。僕はこの人に憧れて写真を仕事にしました。孫弟子でもあります。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ Blog People
+ Trackback People
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ