写真・映像制作人 水谷充の私的視線

〜「見てきたもの」記録装置 カメラがくれた宝物 〜
<< 個人表現としてのPHOTO+MOVIEって時代だな。 | main | ワクワクしていたい人 >>
答えは自分の中に

 日本写真学院でおこなったセミナー。無事務められたかな?
伝えたい要点は、ちゃんと伝わってくれたように思いますが・・・・いかがだったでしょうか。
参加された皆さん、お疲れ様でした。

※トンボ田中氏のダイアリーに当日の様子がアップされています。感謝!
http://www.tombo-tanaka.com/diary1204.html

カメラやカメラ周りのテクノロジーは、目を見張る勢いで進化している。功罪併せ持っているのは、使う側から見た正直な印象。
功の部分を上手に取り入れ、未知のものへチャレンジしていくのが人のサガ。

伝統の技法と最新の技術。両者が共存し、僕ら側が望むものをチョイスできる自由。また組み合わせるアイデア。写真史に残る面白い時代だよね。

さて、4月に入りました。
今月は、PHOTO LOUNGEがありますよ。



『PHOTO LOUNGE』Vol.3
次回開催 4月18日(水)
開催時間 18時 open   19時 start
前売 2,500円(1ドリンク付)
当日 3,000円(1ドリンク付)


現時点で決定している出演者は
フォトサミ9でトンボ写真を披露した田中博氏。今回は彼のもうひとつの面を見せてくれる。
そして、フラクション・マガジン・ジャパンを主宰する写真家・永田陽一氏
また、特別プレゼンテーションとして若手アートコレクターとして厳しくも温かい目で美術界を見る竹内竜一氏に「アートをコレクションするということ」をテーマにお話していただきます。

司会:水谷充、山田敦士

会場 SARAVAH東京
http://www.saravah.jp/tokyo/
東京都渋谷区松濤1丁目29-1 渋谷クロスロードビル B1
電話03-6427-8886

また、どんな出会いがあるのか・・・
とっても楽しみです。

まだまだ参加枠残っていますよ。
待ってるよ。手を上げてね。

会場で会いましょう!



フゥ~
急速に春。だね
まだ桜は咲き始めたばかり。
でも、なんだかソワソワする春らしい気分。
危ないものが混じっていそうな空気だけど、ちょっと深呼吸のひとつもしてみたいね。

みんなそれぞれに抱える、なにか悶々とした気分。そうした様々に触れると、「僕になにか出来ることはない?」とおせっかいな気分がムクムクと起き上がる。
答えはすでに自分自身の中に持っている。だいたいのことはそんな感じだと思うよ。ま、気づくのが難しいんだよね。僕に出来ることは、気づくためのきっかけ作り。そんなことだろうと思う。

僕にとっての“人に伝える”は、そんなことだろうと思う。

| Recently | 11:37 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| - | 11:37 | - | - |
写真学院のセミナーに参加させて頂きました。
貴重な話が聞けて非常にためになりました。ありがとうございます。
若くはないのですが、写真学院の初等科に4月から入学して写真について学び始めます。
最近、何度か他のプロの方のトークショーなどでもスライドショーを見ており、どのように構成するのか?と言う点に興味を持っておりました。
写真を学ぶと言う点からもご紹介頂いた内容を使うことで別の目で自分の写真を見ることも出来ると思いました。
まずは写真を学ばねばなりませんが、ソフト(EDIUS NEO3)も持っているので、意識的に利用してみようと考えております。
仕事の都合を見ながらになりますが、イベントにも参加してみようと思います。
繰り返しになりますが、貴重なお時間を利用して紹介頂きありがとうございました。
| 佐伯一英 | 2012/04/02 6:04 PM |

お役に立てたのであれば、嬉しく思います。
スライドショーを手始めに、動画をミックスしたり
やがては、ショート・ムービーへチャレンジしてみるのも楽しいかと。
また、いろいろな機会を設けようと考えております。ぜひまたお目にかかりましょう。
| Mizutani | 2012/04/02 6:18 PM |










     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ PROFILE










+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
マインドスケープ
マインドスケープ (JUGEMレビュー »)
藤陵雅裕
CDジャケットのアートワークを担当。透明感のあるサックスの音色と疾走感が心地よいサウンド。JAZZ SAXの魅力を知るには最高の一枚です。
+ RECOMMEND
自然職のススメ
自然職のススメ (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
農業、漁業、林業の現場を取材したフォト・ドキュメント。就業情報も網羅した、生き方提案書です。
+ RECOMMEND
匠の姿〈vol.1〉衣
匠の姿〈vol.1〉衣 (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
衣食住遊祭の全5巻。35人の伝統工芸職人を3年半かけて取材したフォトドキュメントです。資料的価値もあって、1999年の発刊以来、ロングセラーを続けています。
+ RECOMMEND
天使の宝石箱
天使の宝石箱 (JUGEMレビュー »)
小松長生,yumi,オーケストラ・アンサンブル金沢,渡辺俊幸,浦壁信ニ,朝川朋之,佐野秀典,竹内淳
ジャケット写真を担当しました。フルートの素晴らしさ+かわいらしさ。注目のフルーティストです。ぜひ聴いてみてください。
+ RECOMMEND
JUST WAIT―坂田栄一郎写真集
JUST WAIT―坂田栄一郎写真集 (JUGEMレビュー »)
坂田 栄一郎
アエラの表紙撮影でおなじみの写真家。1966〜1970リチャード・アベドンの助手を務めていた氏の、ニューヨーク時代に撮影された作品群です。初写真集化です。ぜひご覧ください。僕はこの人に憧れて写真を仕事にしました。孫弟子でもあります。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ Blog People
+ Trackback People
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ