写真・映像制作者 水谷充の私的視線

〜「見てきたもの」記録装置 カメラがくれた宝物 〜
<< 必見ですよ! 川合玉堂特別展〜山種美術館 | main | 幸せな未来を・・・ね。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
PHOTO LOUNGE 10終演!

                        撮影:サイキカツミ

 いやいやいや、今回も面白かったね〜。
写真の多様性を、いつにも増して伝えられたイベントだったんじゃないかと思います。
「なべ、明後日なんだけど出でくれない?」と、無理やりな出演依頼に、なんとか調整してくれた渡部さとる氏には、改めて感謝。
レビュー・サンタフェの参加レポートは、大変示唆に富んだお話でした。気負わず正直な実感を語ってくれました。
こういった話をちょいとじっくりやる機会をまたつくりたいね。なんか考えます。

 さて、ご出演いただいた方々をざざっとご紹介。
敬称略でいかせていただきます。

ももゆい
いつも僕と一緒に司会を担当してくれているももゆいさん。彼女の活動と夢を聞かせていただきました。夢の実現に向かって、ズイズイと進んでいってくださいね。

サイキカツミ
彼もすっかりお馴染のひとり。馬のお面を被らせて撮ってるシリーズを、実演付きで紹介してくれました。なんか一枚ベールを被ると人が変わるって、ホント実感。チープなお面ってところがウイットに富んでいていいね。

いはらほつみ
家族写真の名手が、今回はひとりの女性(松原里歩さん)をモチーフに、スライドショー仕立てで見せてくれました。ナイーヴな女の子の一面が、じわじわくる写真でしたね。いはらMagicは、家族以外にもビシビシ効くんだなぁ〜。

日々野志麻
野菜ソムリエ・ハーブコーディネーター・雑貨作家、時々女優と様々な顔を持つ彼女も、写真は重要な表現媒体のようです。ポジという物質的存在を小瓶に閉じ込めた作品が、気に入りました。センシティブな感性を持ってる人という第一印象。

鈴木一成・TOKYO OUT of PLASE
ギャラリーのDirectorである鈴木さん。今回はPhotographerとしての参加。フォーカスを28cmに固定して、日常の光景を捉えた作品と雪そのものをフィルムで撮影した作品。コンセプチュアルな作品は、見るものの度量を試しているかのよう。

水谷充(僕ね)
「喰うものがないと人は死ぬ」をテーマに食糧生産の現場をルポしている一連のシリーズコンセプトをプレゼンさせてもらいました。10回目にして、まだプレゼンはしてなかったことに気づき、たまには写真ださないとなぁ〜って心境でありました。

あしだみゆき
3'47''という時間の流れ、その実時間に撮影をやりきるという、いわゆる行動様式に決め事をした実験的作品をスライドショー仕立てで披露。やはり彼女らしさが滲み出た仕上がりでした。自分に向けられたつぶやきのような・・・そんな印象でした。

池谷友秀
水中のポートレートで、世界的評価を得ている一連の作品の中から、身体障害者の方々を捉えたシリーズを見せていただきました。“遠慮”という、いわばひとつの差別意識を取り払って、強い意志によって制作された作品です。モデル側も挑戦。そこには尊厳が芽吹いていますね。

永田陽一・Fraction Magazine Japan
毎回、海外の写真作家をご紹介いただいていますが、今回はFraction Magazineでインタビューをしたマーティン・パー氏に関してお話頂きました。ぜひインタビュー記事も読んでみてください。世界は広いなぁ〜

渡部さとる
レビュー・サンタフェのレポート、面白かった。彼の言うところの、52歳にしてわかったことという正直な実感がリアルなレポートでした。写真メディアの多様性を如実に表すエピソードです。また、ぜひご参加くださいね。


と、まぁ〜駆け足でざっと紹介させていただきました。
PHOTO LOUNGEのやはり大きな特徴は、特定ジャンルにこだわらない裾野の広さ。写真は、撮る人の数だけその持ち味があるメディア。一見手軽。追求すると深さに驚く。そんな感じかな。
いろんな方々に参加していただきたいと、常々主催の山田敦士氏も言っているのですが、ホントそう思いますよ。
あれも写真、これも写真。それも写真です。自分にとっての写真を見つけていくのも、写真をやってく楽しみ方の一つ。
ぜひ、ご一緒に。

次回は、8月1日木曜日 またまたサラヴァ東京で会いましょう。

今回は司会だけじゃなかったぜぇ〜




| Exhibition | 11:52 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 11:52 | - | - |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
+ PROFILE










+ RECOMMEND
70s原宿 原風景 エッセイ集 思い出のあの店、あの場所
70s原宿 原風景 エッセイ集 思い出のあの店、あの場所 (JUGEMレビュー »)
中村のん(編集),高橋靖子,中西俊夫,藤原ヒロシ,大久保喜市,柳本浩市,ミック・イタヤ,安田あけみ,野上眞宏,牧村憲一,國分紘子,平野久美子,糟谷銑司,田島由利子,橘かがり,松木直也,茅野裕城子,前むつみ,染吾郎,井上伸夫,鳥山雄司,伊島薫,関口シュン,薙野たかひろ,黒木実,マキノユキオ,風間正,白谷敏夫,水谷充,横森美奈子,篠原朗,伊藤悦朗,伏見行介,藤田峰人,石川武志,熊谷正,達川清,山田英幸,山本ちえ,村野めぐみ,マーク・東野,高野(赤松)緑,遠山秀子,白川良行
70年代の原宿は、日本のファッションや音楽にとって、しみじみ重要な場所だったんだなぁ〜と思う。素晴らしい執筆陣の末席に、僕もセントラルアパートの中庭にあったカフェの思い出を寄稿させていただいています。ある意味で歴史書。読んでいるとワクワクする本です。
+ RECOMMEND
トレジャー
トレジャー (JUGEMレビュー »)
藤陵雅裕
JAZZの楽しさを教えてくれる1枚。レギュラーバンドならではの息の合ったプレイが心地よい。
ジャケットのアートワークを担当しました。
+ RECOMMEND
ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3
ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3 (JUGEMレビュー »)

コストパフォーマンス抜群。フルサイズ・ミラーレス時代の基準になる1台かも。
+ RECOMMEND
タムロン(TAMRON) 28-75mm F/2.8 Di III RXD ソニーEマウント用(Model A036)
タムロン(TAMRON) 28-75mm F/2.8 Di III RXD ソニーEマウント用(Model A036) (JUGEMレビュー »)

重すぎず太すぎず。持ったときのバランスも良い。総合力の高いαE用の標準ズーム。僕にとっても手放せない1本。
+ RECOMMEND
マインドスケープ
マインドスケープ (JUGEMレビュー »)
藤陵雅裕
CDジャケットのアートワークを担当。透明感のあるサックスの音色と疾走感が心地よいサウンド。JAZZ SAXの魅力を知るには最高の一枚です。
+ RECOMMEND
自然職のススメ
自然職のススメ (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
農業、漁業、林業の現場を取材したフォト・ドキュメント。就業情報も網羅した、生き方提案書です。
+ RECOMMEND
匠の姿〈vol.1〉衣
匠の姿〈vol.1〉衣 (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
衣食住遊祭の全5巻。35人の伝統工芸職人を3年半かけて取材したフォトドキュメントです。資料的価値もあって、1999年の発刊以来、ロングセラーを続けています。
+ RECOMMEND
天使の宝石箱
天使の宝石箱 (JUGEMレビュー »)
小松長生,yumi,オーケストラ・アンサンブル金沢,渡辺俊幸,浦壁信ニ,朝川朋之,佐野秀典,竹内淳
ジャケット写真を担当しました。フルートの素晴らしさ+かわいらしさ。注目のフルーティストです。ぜひ聴いてみてください。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ Blog People
+ Trackback People
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ