写真・映像制作人 水谷充の私的視線

〜「見てきたもの」記録装置 カメラがくれた宝物 〜
<< PHOTO LOUNGE 11終演〜 | main | 写真の時間 >>
常にある必然


「明快な目標を設定し、それに必要な様々を学んでいく」
これは、写真に限らず何事かのスキルを上げていくには効率の良い方法といえる。

この講座で設定された目標は、国立新美術館(東京・六本木)で開催される「Heart Art in TOKYO 2014 〜第17回エイズチャリティー美術展〜」での展示だ。
撮る、仕上げるという中で、美術館という場に負けない見せ方が問われる。
挑戦しがいのある大きな目標を写真界隈に生きるスペシャリストから学ぶ。アプローチとしては、とても真っ当な方法だね。

学院あげてのバックアップ体制で、レベルアップを目指してもらいたい講座なので、講師陣に名を連ねていない僕らも、時にフォローアップしていきますよ。
大きなステップをググッと行きたい方は、検討してみたらいいと思う。

詳しくはコチラ
http://jcop.jp/wp/event/photoartacademy_1/


掲げる目標はそれぞれだが、各先生方がおこなうゼミも、要チェック。
ゼミナール
http://jcop.jp/class/semi/

生涯の伴侶として、「写真」をしっかりと自分のものにして欲しい。おそらくかなりのレベルで写真をやってきている人は、みなさんそう思っているはず。
それほどに写真という方法は、人生を豊かにしてくれる。
各種教育機関がたくさんあって、ご自身で選べる時代です。いろいろ見て、自分に合いそうな講座なりをみつけて、レベルアップを目指してくださいね。
我流でもいいんだけど、我流にお墨付きを与える意味でも、王道をしっかり学んで欲しいと思う。
時々ある偶然を、常にある必然レベルに上げる。
僕らが、目指しているのは、そんなことを伝えていくことかな。
飯を喰って来たってことは、そうしたことなんですよ。

ぜひ、ご一緒に。

日本写真学院学院
http://www.jcop.jp/




| A View of Photography | 03:25 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 03:25 | - | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ PROFILE










+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
マインドスケープ
マインドスケープ (JUGEMレビュー »)
藤陵雅裕
CDジャケットのアートワークを担当。透明感のあるサックスの音色と疾走感が心地よいサウンド。JAZZ SAXの魅力を知るには最高の一枚です。
+ RECOMMEND
自然職のススメ
自然職のススメ (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
農業、漁業、林業の現場を取材したフォト・ドキュメント。就業情報も網羅した、生き方提案書です。
+ RECOMMEND
匠の姿〈vol.1〉衣
匠の姿〈vol.1〉衣 (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
衣食住遊祭の全5巻。35人の伝統工芸職人を3年半かけて取材したフォトドキュメントです。資料的価値もあって、1999年の発刊以来、ロングセラーを続けています。
+ RECOMMEND
天使の宝石箱
天使の宝石箱 (JUGEMレビュー »)
小松長生,yumi,オーケストラ・アンサンブル金沢,渡辺俊幸,浦壁信ニ,朝川朋之,佐野秀典,竹内淳
ジャケット写真を担当しました。フルートの素晴らしさ+かわいらしさ。注目のフルーティストです。ぜひ聴いてみてください。
+ RECOMMEND
JUST WAIT―坂田栄一郎写真集
JUST WAIT―坂田栄一郎写真集 (JUGEMレビュー »)
坂田 栄一郎
アエラの表紙撮影でおなじみの写真家。1966〜1970リチャード・アベドンの助手を務めていた氏の、ニューヨーク時代に撮影された作品群です。初写真集化です。ぜひご覧ください。僕はこの人に憧れて写真を仕事にしました。孫弟子でもあります。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ Blog People
+ Trackback People
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ