写真・映像制作人 水谷充の私的視線

〜「見てきたもの」記録装置 カメラがくれた宝物 〜
<< 頭脳明晰〜な、秋到来、だね。 | main | 生きる動機のような・・・ >>
自分にしか撮れない何か・・・
 

 BRIGHT PHOTO SALONでおこなわれていた大旗英武氏の写真展を拝見。
自分の生まれ育ったところは、撮った方が良いと、かねてから自分自身にも葉っぱをかけている僕なんですが・・・なかなか撮れないってのが現実。
そんなこともあって、大旗先生が故郷を撮っていると聞いて、ぜひとも見ておきたいと思っていた。
素晴らしかったなぁ〜ホント。
本人は、「いろいろ長いこと撮って来ていて、まとめ方に迷いがある。」的なことを言っていた。
習作展と称したのは、そんな気持ちからきているそうだ。

そういえば旧友・渡部さとる氏も、故郷を撮っている。
いつくしむような優しい写真は、やはり故郷への愛着がそうさせているのだろうか・・・

生まれ育ったところを生まれ育った人が撮るってのは、サクッと外からやってきた人が撮るものとは、おそらく違う。

東京生まれと、地方から上京している人とは、故郷って感覚もきっと違っている。いや違っているどころか、僕は東京を故郷って風に見ていないようにも思う。
僕の追いかけているテーマから、地方に出かける機会は多い。初めての土地だったり、まぁ〜行きたくて詳細に下調べをしてからの土地だったり、その時々いろいろある。
なにをベースにして撮るかを考えてみると、やはり「好奇心」という部分が多いように思う。気分はオノボリさんだ。(いや、この場合はオクダリさん?)
知らない。つまり知らないから知りたいという欲求。
見たことない。だから見たい。
おそらくそんな感覚。

僕は、東京をそんな風には見れていない。
変貌ぶりも、自分の成長と共に見続けている。

う〜ん。なかなか撮れないなぁ。
でも、きちっと東京を撮るべきだと思っている。
もしかしたら、そろそろちゃんと取り組んでいかないとってタイミングのようにも感じている。
なぜ、そう感じているかは、また追々。話せば長くなるし、今感じていることは、どこか間違いであって欲しいという気分でもある。

水谷ゼミのテーマにそっと掲げる「自分にしか撮れない何かを見つける」は、実際のところ自分自身に課すことなんだろう。
おそらく。いや、ちゃんと自覚している。
そんなタイミングなんだよな、やっぱり。

大旗先生の写真を見ていて、益々その思いが強くなった。
僕は、彼が故郷を見つめているように、優しくいつくしむように東京を見れるのだろうか?
自分自身に興味は尽きない。
やはり良い作品に触れると良い気分。

| A View of Photography | 01:47 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 01:47 | - | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ PROFILE










+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
マインドスケープ
マインドスケープ (JUGEMレビュー »)
藤陵雅裕
CDジャケットのアートワークを担当。透明感のあるサックスの音色と疾走感が心地よいサウンド。JAZZ SAXの魅力を知るには最高の一枚です。
+ RECOMMEND
自然職のススメ
自然職のススメ (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
農業、漁業、林業の現場を取材したフォト・ドキュメント。就業情報も網羅した、生き方提案書です。
+ RECOMMEND
匠の姿〈vol.1〉衣
匠の姿〈vol.1〉衣 (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
衣食住遊祭の全5巻。35人の伝統工芸職人を3年半かけて取材したフォトドキュメントです。資料的価値もあって、1999年の発刊以来、ロングセラーを続けています。
+ RECOMMEND
天使の宝石箱
天使の宝石箱 (JUGEMレビュー »)
小松長生,yumi,オーケストラ・アンサンブル金沢,渡辺俊幸,浦壁信ニ,朝川朋之,佐野秀典,竹内淳
ジャケット写真を担当しました。フルートの素晴らしさ+かわいらしさ。注目のフルーティストです。ぜひ聴いてみてください。
+ RECOMMEND
JUST WAIT―坂田栄一郎写真集
JUST WAIT―坂田栄一郎写真集 (JUGEMレビュー »)
坂田 栄一郎
アエラの表紙撮影でおなじみの写真家。1966〜1970リチャード・アベドンの助手を務めていた氏の、ニューヨーク時代に撮影された作品群です。初写真集化です。ぜひご覧ください。僕はこの人に憧れて写真を仕事にしました。孫弟子でもあります。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ Blog People
+ Trackback People
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ