写真・映像制作人 水谷充の私的視線

〜「見てきたもの」記録装置 カメラがくれた宝物 〜
<< PHOTO LOUNGE 14レポ 〜問われるもの〜 | main | 友人の旅立ちに接して・・・ >>
人を知る


 桜ってのは、心を軽やかにするね〜
花見って、宴会風のことをほぼやったことはないけれど、この時期はあちこちで華やかな景色に触れ気分が軽くなる。

 この土日は、日本写真学院の3周年感謝祭が盛り上がった。鶴巻育子さん、安達ロベルトさんのお二人と、それぞれ対談をやらせていただいた。これがなんとも刺激的で楽しかった。普段の活動や写真への取り組み方など、対極にあるように感じていた部分も、突き詰めると同じようだったりする。お話をしながら、幾つもの共通点が明らかになってくる感覚が面白い。写真を1点もお見せすることなく、話だけで写真を語ったのだけど・・・。1時間があっという間に過ぎていった。お越しいただいた皆さんには、どんな風に感じたのだろうか。

しかし、話すということは大事だね。話すことで人を知り、人を知ることで己が明らかになる。
「自分とは何か」などと、哲学的に思考しようってつもりはないが、自分にできることをよくよく理解していなければ、人に伝えるとか教えるなんてことはできない。
「写真」って目の前にある現実を撮れば写るもんなんだけど、そう簡単にはいかないってところがあって、本当に面白い。自分のしてきたことを振り返り、しみじみ思う。

いろいろと課題も見えてきた、有意義な時間でした。
鶴巻さんと、安達さんには、改めてお礼を言っておきたい。こういった機会をこれからも積極的に作って行きたいと思う。



| One`s View of Life | 05:28 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 05:28 | - | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ PROFILE










+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
マインドスケープ
マインドスケープ (JUGEMレビュー »)
藤陵雅裕
CDジャケットのアートワークを担当。透明感のあるサックスの音色と疾走感が心地よいサウンド。JAZZ SAXの魅力を知るには最高の一枚です。
+ RECOMMEND
自然職のススメ
自然職のススメ (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
農業、漁業、林業の現場を取材したフォト・ドキュメント。就業情報も網羅した、生き方提案書です。
+ RECOMMEND
匠の姿〈vol.1〉衣
匠の姿〈vol.1〉衣 (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
衣食住遊祭の全5巻。35人の伝統工芸職人を3年半かけて取材したフォトドキュメントです。資料的価値もあって、1999年の発刊以来、ロングセラーを続けています。
+ RECOMMEND
天使の宝石箱
天使の宝石箱 (JUGEMレビュー »)
小松長生,yumi,オーケストラ・アンサンブル金沢,渡辺俊幸,浦壁信ニ,朝川朋之,佐野秀典,竹内淳
ジャケット写真を担当しました。フルートの素晴らしさ+かわいらしさ。注目のフルーティストです。ぜひ聴いてみてください。
+ RECOMMEND
JUST WAIT―坂田栄一郎写真集
JUST WAIT―坂田栄一郎写真集 (JUGEMレビュー »)
坂田 栄一郎
アエラの表紙撮影でおなじみの写真家。1966〜1970リチャード・アベドンの助手を務めていた氏の、ニューヨーク時代に撮影された作品群です。初写真集化です。ぜひご覧ください。僕はこの人に憧れて写真を仕事にしました。孫弟子でもあります。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ Blog People
+ Trackback People
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ