写真・映像制作人 水谷充の私的視線

〜「見てきたもの」記録装置 カメラがくれた宝物 〜
<< PHOTO LOUNGE 16 レポート | main | タムロンレンズブログにて連載始まる >>
かつての自分と再会する。


 先日、中学の同窓会があった。「上の子が32歳」とか聞いて驚いたりしたんだけど、まぁ〜20歳くらいで子供を持っていれば、当然そうなる。自分の年齢を改めて意識させられる。それほどに普段、子供のころと変わらない気分で日々を過ごしてるんだなぁ〜オレ。(笑)

でも、ホント人は本質的に大きくは変わらないんだな。
外見はそれ相応に歳を重ねた感が漂っていても、少し話せば当時のままだってわかる。特に僕は昔のことをよく覚えている方だから、なおさらだな。

 世の中の状況は、あまりよろしくない。明日を楽しみに出来なくなってきてる。おそらくそんな印象を共感してくれる人は多いんじゃないか。
壮大な無駄遣いをしてきた僕が、最近お金を使わなくなってきた。いや、使えなくなってきたという方が正しいかな?
僕には子供がいないから、お金は、ほぼ自分のために使う。衝動買いってのがここ最近まったくない。ま、もともとたいした消費をしているわけではないのだけど、なんかこのお金を使わなくなったメンタリティが嫌な感じ。

 まだまだ。もっともっと。
子供時代を思い出すと、そんな感覚はじわじわと蘇ってくる。単純に過去を懐かしむってところももちろんあるのだけど、なんか昔の自分に会うって言うのかなぁ〜 思い出すんだよね、ギラついてたころの気分を。
どっちにしてもいい歳した大人が、がっかりしてちゃ若い世代に申し訳ないよなぁ〜
まだまだ出来ることは沢山ある。
必要とされ頼られという外からの刺激に依存しすぎてはダメね。必要とされなくなったときがヤバイもんね。自分自身の中から、ワクワクするネタを見つけないとね。

 さ、今月末には、PHOTO LOUNGE。
10月29日(水)また新しい出会いが待ってる。
http://www.shutter-mag.com/lounge.html


| One`s View of Life | 12:13 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 12:13 | - | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ PROFILE










+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
マインドスケープ
マインドスケープ (JUGEMレビュー »)
藤陵雅裕
CDジャケットのアートワークを担当。透明感のあるサックスの音色と疾走感が心地よいサウンド。JAZZ SAXの魅力を知るには最高の一枚です。
+ RECOMMEND
自然職のススメ
自然職のススメ (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
農業、漁業、林業の現場を取材したフォト・ドキュメント。就業情報も網羅した、生き方提案書です。
+ RECOMMEND
匠の姿〈vol.1〉衣
匠の姿〈vol.1〉衣 (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
衣食住遊祭の全5巻。35人の伝統工芸職人を3年半かけて取材したフォトドキュメントです。資料的価値もあって、1999年の発刊以来、ロングセラーを続けています。
+ RECOMMEND
天使の宝石箱
天使の宝石箱 (JUGEMレビュー »)
小松長生,yumi,オーケストラ・アンサンブル金沢,渡辺俊幸,浦壁信ニ,朝川朋之,佐野秀典,竹内淳
ジャケット写真を担当しました。フルートの素晴らしさ+かわいらしさ。注目のフルーティストです。ぜひ聴いてみてください。
+ RECOMMEND
JUST WAIT―坂田栄一郎写真集
JUST WAIT―坂田栄一郎写真集 (JUGEMレビュー »)
坂田 栄一郎
アエラの表紙撮影でおなじみの写真家。1966〜1970リチャード・アベドンの助手を務めていた氏の、ニューヨーク時代に撮影された作品群です。初写真集化です。ぜひご覧ください。僕はこの人に憧れて写真を仕事にしました。孫弟子でもあります。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ Blog People
+ Trackback People
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ