写真・映像制作人 水谷充の私的視線

〜「見てきたもの」記録装置 カメラがくれた宝物 〜
<< 人を撮るということ。 | main | 「裸って何?」閉幕御礼!! >>
「そこに、その人がいる」という感覚
 「裸って何?」現代日本写真家のヌードフォト 2015
二日目を終えました。
連日、途切れることなく多くの方が観に訪れてくれて、ホント嬉しいことです。ありがとうございます。入場者数、凄いです。そしてみなさん滞在時間が本当に長い。しっかり観てくれているのがひしひしと伝わってくる。作品は、本当に多様。作家それぞれの解釈で、様々に表現されています。楽しい!
出展作家の一人として、ここに居合わせることが出来たこと、心から嬉しく思います。

僕の出展作品に関する解説文を記します。
「BORDER」水谷充
 人も裸で生まれてくる。やがて社会の枠組みに加わり、被服が常態化する。これは、人が他の生物と決定的に違うところだ。被服は、身体を覆うといった単純な機能だけではなく、他にも多くの意味を持っている。たとえば階級や職種など社会的立場を表し、また気候風土など環 境からくる地域性や国・人種・宗教など文化の違いを表したりもする。時代によっても、その形は様々に変化してきた。大衆の関心の中心にある「流行」をもっとも端的に表しているのも被服だ。人間文化の象徴といってもいいだろう。  

 社会という集団生活の場では、被服が常識であり、裸は、非常識とされている。社会の在り様としてルールができるのは、必要必然なことで、そこに異を唱える気はない。むしろ規制があるからこそ「裸」はジャンルになった。「裸」を特別なものに仕立て上げたのは、まさに規制そのものだ。
そして「裸」をタブー視する社会の風潮は、生物としての本分、つまり繁殖をある意味、否定している。突き詰めれば自らの出現を否定することでもある。そうした人間の不安定さは愛おしい。規制がもたらす矛盾は、思考の発露でもある。表現に携わる者として、そこに敷かれた境界線は、自らの立ち位置を探る指標ともいえる。

 私自身、これまでに様々な場面で裸をモチーフとして取り上げてきた。境界線のあちら側に少し踏み出せばお金が儲かる。行過ぎれば、逮捕される。きわめて 当たり前のことだ。そうした際をフラフラと浮遊する生き方は、愉快だ。
 今回出品した作品「BORDER」は、ふたつの意味を込めて制作した。ひとつは、ペイントを着る試み。顔料でペイントされたBORDERが、必要最小限 ある部分を覆っている。これは、被服なのか、やはり裸なのか。事実として乳首も局部も、地肌ではない。顔料のベールが薄く地肌を覆っているのだ。これは、 許されはずだ。もしこれが、SNSなどで削除の対象になるとすれば、布帛やニットと顔料のなにが違うのだと問いたい。そしてもうひとつは、規制という境界線が生み出してくれた「裸」という領域への敬意。僕は、これからもこうした社会の在り様を歓迎し、表現する者として、時代の際を歩いていくことだろう。
 「人間とはなにか?」を考えるとき、生物界唯一の特徴を無視する意味はない。被服と裸、それは分けることのできない表裏なのだ。

30日(日)まで、ギャラリー新宿座。
最終日も20時までご覧いただけます。
本当にありえない顔合わせのグループ展です。
見逃さないでください。
http://shinjukuza.jp/project/hadaka/

裸? 着衣?
いや、どっちでもいいんです。
僕は人を撮っている。
そこに、その人がいる。
それが僕にとってもっとも大事なこと。
観ていただければわかります。

そして、そのエッセンスをお伝えしたくてまたひとつ新しい講座を開講します。
「水谷充のポートレート基礎レッスン」
日本写真学院
9/22(祝・火)13時~16時
座学と実習。
モデルを使って、人物撮影の実践トレーニングです。

半日、集中して実践的ノウハウを体験してください。
http://www.jcop.jp/course/products/detail.php?product_id=340






| A View of Photography | 02:20 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 02:20 | - | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ PROFILE










+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
マインドスケープ
マインドスケープ (JUGEMレビュー »)
藤陵雅裕
CDジャケットのアートワークを担当。透明感のあるサックスの音色と疾走感が心地よいサウンド。JAZZ SAXの魅力を知るには最高の一枚です。
+ RECOMMEND
自然職のススメ
自然職のススメ (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
農業、漁業、林業の現場を取材したフォト・ドキュメント。就業情報も網羅した、生き方提案書です。
+ RECOMMEND
匠の姿〈vol.1〉衣
匠の姿〈vol.1〉衣 (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
衣食住遊祭の全5巻。35人の伝統工芸職人を3年半かけて取材したフォトドキュメントです。資料的価値もあって、1999年の発刊以来、ロングセラーを続けています。
+ RECOMMEND
天使の宝石箱
天使の宝石箱 (JUGEMレビュー »)
小松長生,yumi,オーケストラ・アンサンブル金沢,渡辺俊幸,浦壁信ニ,朝川朋之,佐野秀典,竹内淳
ジャケット写真を担当しました。フルートの素晴らしさ+かわいらしさ。注目のフルーティストです。ぜひ聴いてみてください。
+ RECOMMEND
JUST WAIT―坂田栄一郎写真集
JUST WAIT―坂田栄一郎写真集 (JUGEMレビュー »)
坂田 栄一郎
アエラの表紙撮影でおなじみの写真家。1966〜1970リチャード・アベドンの助手を務めていた氏の、ニューヨーク時代に撮影された作品群です。初写真集化です。ぜひご覧ください。僕はこの人に憧れて写真を仕事にしました。孫弟子でもあります。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ Blog People
+ Trackback People
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ