写真・映像制作人 水谷充の私的視線

〜「見てきたもの」記録装置 カメラがくれた宝物 〜
<< 時間の蓄積 | main | 頑張る理由 >>
節目

 

 

 9月末をもって閉校となる日本写真学院で、最後のひと時を過ごしてきました。

月末の金曜日ということで、参加の叶わなかった方も多かったんじゃないかと思いますが・・・。とても暖かで賑やかな、ClosingPartyとなりました。

 

僕自身は、ほぼ4年の関わりでしたが、簡単に語りつくせない多くのものをいただきました。改めて感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

 教えたり伝えたりというチャンネルを持てたことの意義は、計り知れません。独立しておよそ30年。夢中で過ごしてきた写真の世界。なんとなくの力技でやってきた僕が、人に伝えようとしたとき、そのなんとなくをしっかりと言語化していかなければなりません。それはそれは、有意義な体験です。

通常の撮り手としての思考とは、少々異なった視点で自分自身の行動を再検証する絶好の機会となったように思います。

そのことは、また撮り手としての活動にも、とても良い影響があったと感じています。

 

 また、どこかでお目にかかりましょう。

まだまだ遣り残したこともいっぱいありますので、伝える機会を模索していこうと考えています。

 

 ひとまず、ひとつの節目。

ありがとうございました。

 

| Photographic education | 00:58 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 00:58 | - | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ PROFILE










+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
マインドスケープ
マインドスケープ (JUGEMレビュー »)
藤陵雅裕
CDジャケットのアートワークを担当。透明感のあるサックスの音色と疾走感が心地よいサウンド。JAZZ SAXの魅力を知るには最高の一枚です。
+ RECOMMEND
自然職のススメ
自然職のススメ (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
農業、漁業、林業の現場を取材したフォト・ドキュメント。就業情報も網羅した、生き方提案書です。
+ RECOMMEND
匠の姿〈vol.1〉衣
匠の姿〈vol.1〉衣 (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
衣食住遊祭の全5巻。35人の伝統工芸職人を3年半かけて取材したフォトドキュメントです。資料的価値もあって、1999年の発刊以来、ロングセラーを続けています。
+ RECOMMEND
天使の宝石箱
天使の宝石箱 (JUGEMレビュー »)
小松長生,yumi,オーケストラ・アンサンブル金沢,渡辺俊幸,浦壁信ニ,朝川朋之,佐野秀典,竹内淳
ジャケット写真を担当しました。フルートの素晴らしさ+かわいらしさ。注目のフルーティストです。ぜひ聴いてみてください。
+ RECOMMEND
JUST WAIT―坂田栄一郎写真集
JUST WAIT―坂田栄一郎写真集 (JUGEMレビュー »)
坂田 栄一郎
アエラの表紙撮影でおなじみの写真家。1966〜1970リチャード・アベドンの助手を務めていた氏の、ニューヨーク時代に撮影された作品群です。初写真集化です。ぜひご覧ください。僕はこの人に憧れて写真を仕事にしました。孫弟子でもあります。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ Blog People
+ Trackback People
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ