写真・映像制作人 水谷充の私的視線

〜「見てきたもの」記録装置 カメラがくれた宝物 〜
<< ROCK YOU 関連〜水谷式企画構想の手順〜 | main | ROCK YOU関連 〜DEATH AND THE FLOWERの作り方〜 >>
ROCK YOU関連 〜THE FORESTの作り方〜

 

 

 ジャケット制作は、やはり楽しいなぁ〜と、心から実感した日々でした。

 

まずは僕自身がセレクトしたDavid Byrne「THE FOREST」

すでに使ってみたい写真が頭にありました。ゆえにセレクトしたってのもあるかも。このアルバムは、本当に良く聴きました。NUDE撮影のときは、必ずこれを流しながらでしたね〜 このアルバムは、僕が好きそうだってことで、よく仕事をさせていただいていたADの野本さんから頂いたもの。楽曲にどハマリして、成り立ちなどを詳しく知らないままに数年にわたって聴き続けたものでした。

使いたかった写真はこれ。

 

神保町方面から、皇居をはさんだ向こう側のビル。けっこう本降りの雨で、煙ってました。国立情報学研究所の25階から。直下には毎日新聞社がある地点からなので、天地をバッサリ切り落として、この感じになってます。何かに使いたい〜と、いつも思ってたけれど機会がなかった。

レコジャケはご存知の通り正方形なので、ここから切り出すこともやってみたりしました。が、、しかしやはりこの写真の良さは、このパノラマ感にあるってのにすぐ気づいた。タイトル文字との組み合わせやレイアウトは、なかなか難しくて・・・。

 

最初はこんなの。明らかにこれじゃない感が漂う。

 

 

そして思い切ってこう。

 

でも、なにか物足りない。これを基本にスパイスを足す。

 

ってことで、富士の樹海に撮りに出かけました。

 

 

モノクロ化して、地に敷きましたが・・・

 

ビル街の風景とぶつかり、打ち消しあってします。

 

ってことでネガに反転。と、これで完成。

 

 

裏は、ビルを取っ払って、ポジに。ちなみに拡大率は表と同じ。

 

最終的には、文字をセンター合わせにして完成という具合。

 

こちらが裏 完成版

 

写真選びと同時に、タイトルの文字も大事です。

たとえばトメハネのある明朝系は情緒的。太目のゴチックだとインパクト。ゴチックも細めになるとクールな印象に。文字そのものが持つベクトルは、ジャケットの印象に大きく影響します。選び間違えたら台無し!

 

文字関連も、同時に選別。

 

あらかじめ、合いそうなものに当たりをつけイラストレーターに打ち出したりして・・・

ウエイトや字間の調整は、最終的にジャケット上にてバランスをとります。

 

僕のキャリアのスタート時代、浅葉克己デザイン室でよく仕事させてもらっていて、そこで上坂さん、高田さん、福島さんといったデザイナーのみなさんが、それはそれは日夜文字と格闘していたことを間近で見ていたので・・・

ポスターなら最終的にポスターのサイズで調整する。字間調整は写植、78級くらいの大きさで・・・とか。当時見た、そうした仕事ぶりから、タイポグラフィーの本などを読み漁って、なぜこうなのかを自分なりに理解しながら仕事してた。

写真だけ撮ってればいいという考えは、まったくない。何かに関わったときは、その中から拾えるものはとことん拾う。そんな感じでやってましたね。

ま、おかげで器用貧乏の一丁あがり〜〜なのだけど。 

 

 

 

 


 

| Photographic education | 00:13 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 00:13 | - | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ PROFILE










+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
マインドスケープ
マインドスケープ (JUGEMレビュー »)
藤陵雅裕
CDジャケットのアートワークを担当。透明感のあるサックスの音色と疾走感が心地よいサウンド。JAZZ SAXの魅力を知るには最高の一枚です。
+ RECOMMEND
自然職のススメ
自然職のススメ (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
農業、漁業、林業の現場を取材したフォト・ドキュメント。就業情報も網羅した、生き方提案書です。
+ RECOMMEND
匠の姿〈vol.1〉衣
匠の姿〈vol.1〉衣 (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
衣食住遊祭の全5巻。35人の伝統工芸職人を3年半かけて取材したフォトドキュメントです。資料的価値もあって、1999年の発刊以来、ロングセラーを続けています。
+ RECOMMEND
天使の宝石箱
天使の宝石箱 (JUGEMレビュー »)
小松長生,yumi,オーケストラ・アンサンブル金沢,渡辺俊幸,浦壁信ニ,朝川朋之,佐野秀典,竹内淳
ジャケット写真を担当しました。フルートの素晴らしさ+かわいらしさ。注目のフルーティストです。ぜひ聴いてみてください。
+ RECOMMEND
JUST WAIT―坂田栄一郎写真集
JUST WAIT―坂田栄一郎写真集 (JUGEMレビュー »)
坂田 栄一郎
アエラの表紙撮影でおなじみの写真家。1966〜1970リチャード・アベドンの助手を務めていた氏の、ニューヨーク時代に撮影された作品群です。初写真集化です。ぜひご覧ください。僕はこの人に憧れて写真を仕事にしました。孫弟子でもあります。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ Blog People
+ Trackback People
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ