写真・映像制作者 水谷充の私的視線

〜「見てきたもの」記録装置 カメラがくれた宝物 〜
<< ROCK YOU関連 〜THE FORESTの作り方〜 | main | ROCK YOU関連 〜MEZZANINEの作り方〜 >>
ROCK YOU関連 〜DEATH AND THE FLOWERの作り方〜

 

 続いて、セイリー育緒セレクションのKeith Jarrett 「DEATH AND THE FLOWER」です。

キース・ジャレットはアルバムをすべて所有するレベルで大好きで、特に今回選定された辺りのアメリカン・カルテットものが大好物。

さて、どうしたものかと考え始めたところ、GFが「花、燃やしてなかったっけ?」と。実は今回使った写真の存在を忘れていて、、ネガをどこにやったのかも記憶が薄い。ドキドキしつつ収納庫をひっくり返すってのが最初の作業でした。

見つけたときは、思わず声が出た。実は、90年代にこのアルバムをテーマにして創った作品があったのでした。

使える!! っていうか、使いたい!!! でした。

 

 

 

造形作家の斉藤敏文氏と組んで創った作品です。彼が拵えた花のオブジェは、大人二人がかりで運ぶような大きなもの。「儚さ」を撮りたくて、燃やしたいって提案に「面白い!」と快諾いただいた。

文字のイメージも頭にあり、後は具体的なレイアウト作業をするだけ・・・

 

キースは、死生観をテーマにしたアルバムが多く、なかでもこのアルバムは、直接“DEATH”という言葉が入っているほどに、死の香りが漂う作品です。レコーディングは1974年。発売は、1975年だったかと記憶しています。74年には、「Treasure Island(宝島)」というアルバムをリリースしていますが、こちらはまさに生を感じさせる作品です。聴き比べると本当に楽しい。さらに77年には、「The Survivor's Suite(残Α法廚箸い残された者といったアルバムをリリースしていますが、A面の27分に及ぶBeginingという曲には、DEATH AND THE FLOWERの3曲目 Great Birdのテーマがよりエキサイティングな演奏で出てきます。この3枚は、あわせて聴いてみることを強くお勧めします。

そういえば、、、72年に「BIRTH(誕生)」ってアルバムも出してたな。つくずく生き死にを念頭に音楽活動をしてるアーティストなんだと思う。

 

キース・ジャレットのアメリカンカルテットは、サックスのデューイ・レッドマン、ベースのチャーリー・ヘイデン、ドラムのポール・モチアンを従えたカルテットで、少し泥臭く、時に攻撃的な演奏が続く中に、突然パッと視界が晴れるような美しく素朴なメロディが顔を出す。もう、はまったら緊縛的快楽のある音楽だと思う。

あ〜、この話続けてるときりがないね〜ってくらい、語りたいことが山ほどある。キース・ジャレットファンの方には、きっと共感してもらえるはず。

聴いたことないって方は、絶対聴いてください。もし、最初馴染めなかったとしても、拷問のごとく聴き続けてください。あるときスッと心に入ってくる瞬間があるはずです。(笑)

 

完成版

 

 

裏。

 

 

特に凝った仕掛けはありません。写真を壊さないように注意深くレイアウトをしただけです。文字も、比較的すぐ、これ!っという感じで決まりました。

 

これを仕上げていて感じたのは、やはり内容に対する理解度と思い入れってのは、制作する上で大きな力になるってことかな。作業が楽しくて楽しくて、疲れ知らずでしたね。

 

| - | 21:32 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 21:32 | - | - |









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ PROFILE










+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
マインドスケープ
マインドスケープ (JUGEMレビュー »)
藤陵雅裕
CDジャケットのアートワークを担当。透明感のあるサックスの音色と疾走感が心地よいサウンド。JAZZ SAXの魅力を知るには最高の一枚です。
+ RECOMMEND
自然職のススメ
自然職のススメ (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
農業、漁業、林業の現場を取材したフォト・ドキュメント。就業情報も網羅した、生き方提案書です。
+ RECOMMEND
匠の姿〈vol.1〉衣
匠の姿〈vol.1〉衣 (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
衣食住遊祭の全5巻。35人の伝統工芸職人を3年半かけて取材したフォトドキュメントです。資料的価値もあって、1999年の発刊以来、ロングセラーを続けています。
+ RECOMMEND
天使の宝石箱
天使の宝石箱 (JUGEMレビュー »)
小松長生,yumi,オーケストラ・アンサンブル金沢,渡辺俊幸,浦壁信ニ,朝川朋之,佐野秀典,竹内淳
ジャケット写真を担当しました。フルートの素晴らしさ+かわいらしさ。注目のフルーティストです。ぜひ聴いてみてください。
+ RECOMMEND
JUST WAIT―坂田栄一郎写真集
JUST WAIT―坂田栄一郎写真集 (JUGEMレビュー »)
坂田 栄一郎
アエラの表紙撮影でおなじみの写真家。1966〜1970リチャード・アベドンの助手を務めていた氏の、ニューヨーク時代に撮影された作品群です。初写真集化です。ぜひご覧ください。僕はこの人に憧れて写真を仕事にしました。孫弟子でもあります。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ Blog People
+ Trackback People
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ