写真・映像制作者 水谷充の私的視線

〜「見てきたもの」記録装置 カメラがくれた宝物 〜
<< ROCK YOU関連 〜MEZZANINEの作り方〜 | main | ROCK YOU関連〜課題アルバム解説 1 >>
ROCK YOU関連 〜FOUR SEASONSの作り方〜

 

 ラストは、安達ロベルトセレクションのFOUR SEASONSです。

これは、、、ホント難しかった!

四季ってのをどう写真にするか・・・・当初まったく思いつかずで苦労しました。

 

まずこのアルバムの存在すら知らなかったので入手。そして聴き始める。。それでもまだ絵柄は浮かんでこない。レコード棚をさらって約40年ほど前に買ったいわゆる通常の原曲を聴いてみたり・・・。

 

 

マックス・リヒター版と同じように4色で春夏秋冬を表現している。まぁ〜そうなるよなぁ〜だけど、イラストだもんなぁ〜と益々考え込む。

四季がどうしてあるのか・・・きっと偏西風だ!とか、いろいろ地球のこと考えたり、、おっと南半球だと感覚は逆転なんだよな〜とか、様々に思いをめぐらすも不調。

他の3枚の制作に気力を傾け、これに関しては少しほっておくことにした。ともかくこんな感じが良いよなぁ〜という、「こんな感じ」が浮かんでこない限り、どんな絵柄が良いのか見当がつかない。

 

他を作っていると、DEATH AND THE FLOWERの死生観。THE FORESTの都市の誕生に見られる地球の変貌。MEZZANINEに感じられる発見とそこに芽生える傲慢さなどがグルグルと頭の中を回りながら、どこかみんな繋がっているような気がした。

そして命とか成長とかを撮れないものかと、、、生まれたての胎児なんか撮れたら素敵だ〜と。四季を内包するだけの大きなくくりってのが、どうも命くらいしか思いつかない!

流石に胎児は、今から仕込んでも間に合わないよなぁ〜とか考えつつ、冷凍ご飯をチンして卵かけご飯を喰っていたら・・・卵、ありかもと。

 

命題を受けての2ヶ月の90%をグルグル思い巡らせることに使い、卵の撮影をしたのは、みんなで集まって製作工程を動画撮影する前日の18日に。展示開始一週間前に、まだ撮影が終わった〜しかも単なる素材だし・・・的な切迫感。

 

ギリギリセーフで完成したのがコチラ

 

 

欧文文字でおおったのは、人類の文化文明のアイコンとして。グラフィカルでおしゃれじゃんってこともあるけれど・・・

地球に見立てて、ウズラの卵ってのも検討したのだけど、、ウズラはウズラに見えてしまって命の象徴って感じがしない。普通に鶏の卵ってのは、いちいち鶏〜とは思わなくて、象徴になりえるって計算があった。ま、なんとなく当たったかな?

 

裏はこれ。

良い感じに割れたのは、7回目のトライを経て。

 

撮影は、展示開始日の2日前。

3食卵料理を喰いつつの作業でした。

 

オリジナル盤の4色で表現するところは、ありがたく頂戴して、水谷盤にも生かしました。

 

四季ってなんだろ〜なんて、考えたこともなかった。暖かくなったね〜とか、朝晩冷える季節になったね〜とか、あ、オリオン座だ!とかね。そんなこんなで日々感じているのが当たり前になっていたな。

とても難しく、なかなか考えがまとまらないFOUR SEASONSでしたが、けっきょくすべて繋がってるんだよなぁ〜って、大事なことを気づかせてくれたアルバムとなりました。

 

どうですか?

それぞれが、それぞれに。

カッコよく成立できたかなぁ〜

 

しみじみ楽しいチャレンジでした。

写真を撮って完成じゃない。その先なんだよ。「その写真で、その意図が伝わってますか?」というところを端的に求められる。レコードジャケットは、奥が深い。

ぜひチャレンジしてほしい。思いっきり考えて!自分なりの理屈を。そして問う、世に。一緒にお互いの頭の中や心を覗き合う楽しさ。なによりもこのチャレンジは、自分自身の人生観と向き合うことになるはずです。

 

エントリー待ってます。

ROCK YOU 2018

エントリー受付ページ

| - | 22:32 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 22:32 | - | - |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
+ PROFILE










+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
マインドスケープ
マインドスケープ (JUGEMレビュー »)
藤陵雅裕
CDジャケットのアートワークを担当。透明感のあるサックスの音色と疾走感が心地よいサウンド。JAZZ SAXの魅力を知るには最高の一枚です。
+ RECOMMEND
自然職のススメ
自然職のススメ (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
農業、漁業、林業の現場を取材したフォト・ドキュメント。就業情報も網羅した、生き方提案書です。
+ RECOMMEND
匠の姿〈vol.1〉衣
匠の姿〈vol.1〉衣 (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
衣食住遊祭の全5巻。35人の伝統工芸職人を3年半かけて取材したフォトドキュメントです。資料的価値もあって、1999年の発刊以来、ロングセラーを続けています。
+ RECOMMEND
天使の宝石箱
天使の宝石箱 (JUGEMレビュー »)
小松長生,yumi,オーケストラ・アンサンブル金沢,渡辺俊幸,浦壁信ニ,朝川朋之,佐野秀典,竹内淳
ジャケット写真を担当しました。フルートの素晴らしさ+かわいらしさ。注目のフルーティストです。ぜひ聴いてみてください。
+ RECOMMEND
JUST WAIT―坂田栄一郎写真集
JUST WAIT―坂田栄一郎写真集 (JUGEMレビュー »)
坂田 栄一郎
アエラの表紙撮影でおなじみの写真家。1966〜1970リチャード・アベドンの助手を務めていた氏の、ニューヨーク時代に撮影された作品群です。初写真集化です。ぜひご覧ください。僕はこの人に憧れて写真を仕事にしました。孫弟子でもあります。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ Blog People
+ Trackback People
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ