写真・映像制作者 水谷充の私的視線

〜「見てきたもの」記録装置 カメラがくれた宝物 〜
<< ROCK YOU 2018、明日から! | main | ROCK YOU 2018 京都 高台寺終了! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
人を撮るということ

 写真を仕事にしようと決めた高校生の頃は、小学館のGORO、写楽の全盛期。まだ無名の女の子たちが、華やかに誌面で躍動していた。こんな写真が撮れたら楽しいだろうなぁ〜と、カメラ小僧が感じるのは当たり前のこと。人を撮るってことへの憧れが強くインプットされた時期だった気がする。

 

 高校卒業後、スタジオ助手やアシスタントで7年ほどの修行を経て、独立の第一歩はとんねるずのデビューアルバムの撮影だった。お笑いスター誕生で勝ち抜く様子は、ずっと観ていた。そんな彼らを迎えた撮影の現場。いまでもリアルに覚えている。やはり僕にとっては重要なはじめの一歩。

 

 人を撮るということは、当たり前だけど人に会うということ。社会を形成する様々な人を、なにかしらの理由で写真に残す。自発的な撮影であっても依頼された撮影であっても、その人に会い、撮影するというところはまったく変わらない。自分のキャリアってのは、人に会ってきた記録だとしみじみ。

 

 さて、1985年の独立以来、走り続けてきた僕も、そろそろ晩年期。人に伝え残していくというチャンネルを持つことは、やはり人間好きとしては必然的流れなのかなぁ〜 撮影することと同じように、丁寧に力を入れてやっていきたい。

 

 出会いが画像・映像としてアーカイブされていく写真・映像の世界。ぜひぜひ人を撮ってほしくてやっているゼミ。募集開始しています。

水谷ゼミ 〜人物写真研究〜

市ヶ谷のカロタイプ・フォトワークスにて!

 

3月10日(土)スタートの全5回。

密度の濃い時間、意味のある時間、楽しい時間になるよう、全力でお伝えします。

 

詳しくは、コチラをご覧ください。

水谷ゼミ 〜人物写真研究〜 第二期

 

国内外の著名ポートレート作家の名作研究からゼミはスタートします。限られた時間の中での講義。お伝えできることにも限りがありますが、これだけは押さえておきたいところはしっかり網羅できるように準備しています。

今回は、日本のいわゆるグラビアカメラマンの仕事についてもお伝えしようと思います。ぜひ、人物撮りに興味のある方は、ご受講、ご検討ください。

 

実習のとき、モデル役を引き受けてくれる方も募集します。

交通費+αの謝礼くらいしかお支払いできませんが、写真に興味がある方なら、かなり楽しんで参加していただけると思います。

水谷までご連絡ください。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

| Photographic education | 10:36 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 10:36 | - | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
+ PROFILE










+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
マインドスケープ
マインドスケープ (JUGEMレビュー »)
藤陵雅裕
CDジャケットのアートワークを担当。透明感のあるサックスの音色と疾走感が心地よいサウンド。JAZZ SAXの魅力を知るには最高の一枚です。
+ RECOMMEND
自然職のススメ
自然職のススメ (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
農業、漁業、林業の現場を取材したフォト・ドキュメント。就業情報も網羅した、生き方提案書です。
+ RECOMMEND
匠の姿〈vol.1〉衣
匠の姿〈vol.1〉衣 (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
衣食住遊祭の全5巻。35人の伝統工芸職人を3年半かけて取材したフォトドキュメントです。資料的価値もあって、1999年の発刊以来、ロングセラーを続けています。
+ RECOMMEND
天使の宝石箱
天使の宝石箱 (JUGEMレビュー »)
小松長生,yumi,オーケストラ・アンサンブル金沢,渡辺俊幸,浦壁信ニ,朝川朋之,佐野秀典,竹内淳
ジャケット写真を担当しました。フルートの素晴らしさ+かわいらしさ。注目のフルーティストです。ぜひ聴いてみてください。
+ RECOMMEND
JUST WAIT―坂田栄一郎写真集
JUST WAIT―坂田栄一郎写真集 (JUGEMレビュー »)
坂田 栄一郎
アエラの表紙撮影でおなじみの写真家。1966〜1970リチャード・アベドンの助手を務めていた氏の、ニューヨーク時代に撮影された作品群です。初写真集化です。ぜひご覧ください。僕はこの人に憧れて写真を仕事にしました。孫弟子でもあります。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ Blog People
+ Trackback People
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ