写真・映像制作者 水谷充の私的視線

〜「見てきたもの」記録装置 カメラがくれた宝物 〜
<< ROCK YOU 2018 京都 高台寺終了! | main | ROCK YOU 2018 京都の様子 >>
ROCK YOU 2018 終了〜〜

 

 

ROCK YOU 2018 東京カロタイプでの展示、すべて終了しました。全応募作品レビューという耐久イベントも無事になんとか終了し、とても有意義な日々に一段落です。

僕にとっては関西方面の写真の人たちに会えたのが大きな収穫。とても意欲的で真っ直ぐに写真してる人がウヨウヨいる。良い刺激でした。

 

レコードジャケットを模した作品製作(制作)というROCK YOU。僕は前回1点出しただけの参加でしたが、今回はどっぷりとディープに参加いたしました。最高でした。めっちゃ面白かった。

僕は元々広告屋なので、そもそも自分自身のために写真って撮ってないようなところがある。常にオーディエンスの存在を意識する。もちろんその手前にいるお金の出所への意識も大きいけれど、最終的に観る人に何が伝わるのかという部分への意識が最優先だ。レコードジャケットって存在も、まさにそうした特性を宿命的に持っている。

写真の創り手が、そうした意識を持って取り組んでみることの意義は計り知れない。作品制作への筋力(脳みその)強化に繋がる要素がある。と、僕は思います。

 

来年も、積極的に関わらせてもらえたら幸せ。

 

参加者にひとつアドバイス。

ぜひ、次回はデザインも自分でやってみてください。単にデザインするってことじゃなくて、楽曲やアーティストへの理解を深め、ビジュアル側からのコンセプトワークをしっかりやる。正直言って、そこが一番の面白さだしやる意義だと思うな。写真見つけてただ出すだけでは、もったいないように思います。レコジャケでなくて、単なる正方形写真の展示ということになってしまう。

デザインは誰かに任せあくまでも写真に専念、、、ってのももちろんいいんだけど、だとしたら、デザインを友人など意見を出し合って協業できる誰かと組んでやってみてほしい。

ビジュアル側からのコンセプトワークをしっかりやった上で、撮影・製作するってところまでやると、面白さ100倍だと思いますよ。

 

そうした経験は、レコジャケは言うに及ばず、写真集創ったり、友人のバンドや劇団のフライヤーつくったり、めっちゃ様々な分野へ応用が効くし、実際に声がかかる第一歩だと思う。

 

ぜひぜひ、やれることはなんでもやってみて。

絶対にその方が楽しい。「楽(らく)」じゃないけどね。

 

 

 

 

僕もまた次回、全力で製作します!

 

最高に楽しいからね〜

主催の育緒さん、本当にお疲れさま。いろいろなこと、いっぱいこなして、とても大変だったことと思いますが、こんなにも素敵な作品が集まってくると、疲れが吹き飛ぶよね〜

こんな楽しいこと、次回もしっかり手伝わせてもらいます! よろしく!!

 

主催 写真家 育緒さん
 

| Exhibition | 01:57 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 01:57 | - | - |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ PROFILE










+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
マインドスケープ
マインドスケープ (JUGEMレビュー »)
藤陵雅裕
CDジャケットのアートワークを担当。透明感のあるサックスの音色と疾走感が心地よいサウンド。JAZZ SAXの魅力を知るには最高の一枚です。
+ RECOMMEND
自然職のススメ
自然職のススメ (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
農業、漁業、林業の現場を取材したフォト・ドキュメント。就業情報も網羅した、生き方提案書です。
+ RECOMMEND
匠の姿〈vol.1〉衣
匠の姿〈vol.1〉衣 (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
衣食住遊祭の全5巻。35人の伝統工芸職人を3年半かけて取材したフォトドキュメントです。資料的価値もあって、1999年の発刊以来、ロングセラーを続けています。
+ RECOMMEND
天使の宝石箱
天使の宝石箱 (JUGEMレビュー »)
小松長生,yumi,オーケストラ・アンサンブル金沢,渡辺俊幸,浦壁信ニ,朝川朋之,佐野秀典,竹内淳
ジャケット写真を担当しました。フルートの素晴らしさ+かわいらしさ。注目のフルーティストです。ぜひ聴いてみてください。
+ RECOMMEND
JUST WAIT―坂田栄一郎写真集
JUST WAIT―坂田栄一郎写真集 (JUGEMレビュー »)
坂田 栄一郎
アエラの表紙撮影でおなじみの写真家。1966〜1970リチャード・アベドンの助手を務めていた氏の、ニューヨーク時代に撮影された作品群です。初写真集化です。ぜひご覧ください。僕はこの人に憧れて写真を仕事にしました。孫弟子でもあります。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ Blog People
+ Trackback People
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ