写真・映像制作者 水谷充の私的視線

〜「見てきたもの」記録装置 カメラがくれた宝物 〜
<< 【ROCK YOU 2020】水谷のJan Michel Jarre - OXYGENE | main | 【ROCK YOU 2020】THE BALLAD OF THE FALLEN - 制作プロセス >>
【ROCK YOU 2020】愛する人へ - 岡林信康 制作プロセス

 

 

岡林信康さんが1970年にリリースしたアルバム、「見るまえに跳べ」の1曲目で、シングルカットもされた名曲です。

バックを務めるはっぴいえんどのサウンドがまたメッチャ良い。

当時、バンド組んでた中高生にとっては、手本のようなサウンドだった気がします。

 

真っすぐで澄んだ歌声で、別れの後悔を吐露している感じですね。

なんか、、わかります。

ってなわけで、水谷セレクションの課題曲です。

 

僕の制作プロセスです。

 

 

いつものように、気づいたことを書き出していくわけですが・・・

まずは、歌詞を理解しなおすところからです。

 

う〜ん。これ、熱心に聴いていた中学生の頃と、印象が全く違っていて驚いた。

還暦の今となっては、やはり経験の差というのか、歌詞にある心境の意味が、やはり深く理解できるというか・・・

 

どっちにしろ、こいつ、かなりのクソ野郎って気がします。

まぁ〜男ってやつは、、、ですね。

自分自身にもメッチャ当てはまるので、逆にむかつく!

 

別れてしまった彼女への懺悔と言えますが・・・新しい人もういるじゃん。でもって、タイトルの愛する人へは、その現在進行形の彼女のことのようでもあるが、元の彼女に対する未練がべったりと張り付いている感がぬぐえない感じで、少しイラつきます。近親憎悪っぽいな。(汗)

 

歌詞の中に、「僕」というワードが何度も出てくる。

岡林さんは、かなりの自己中、甘えんぼ体質っぽいですね。

あ〜それもまた、自分と重なる・・・

も〜〜って心境です。

 

愛とか、愛するとか、そもそも愛ってなんだとか、考えたりしつつ、ビジュアルを練るわけですが、僕は、この歌詞からは離れることにしました。

単純に目の前にいる愛する人という状況を考えることに・・・

 

無防備、リラックス、信頼、あけすけ、、なんぞが浮かんできます。

 

ということで、素っ裸で水に浮く女。

もう、これしかないでしょう。(笑)

 

プールサイドで、こんな彼女を眺めながら、ビールなんか飲んでたら、幸せだよね。

でも、恋する人じゃない、愛する人なので、ウキウキした感じだけではない。厳しさとか信頼とか、、ピーカンの晴天じゃないところが、心境とよりマッチしてるように思います。

 

あ〜甘ったれた男の唄だったな。

制作は、結果的に自分自身の懺悔のような時間でした。

 

水谷の「愛する人へ」

 

ROCK YOU 2020オフィシャル

 

まだまだ募集中です。

アルバムアートの制作は、かなり面白いよ。

ぜひ!

 

| Exhibition | 13:19 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 13:19 | - | - |









  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
+ PROFILE











+ RECOMMEND
70s原宿 原風景 エッセイ集 思い出のあの店、あの場所
70s原宿 原風景 エッセイ集 思い出のあの店、あの場所 (JUGEMレビュー »)
中村のん(編集),高橋靖子,中西俊夫,藤原ヒロシ,大久保喜市,柳本浩市,ミック・イタヤ,安田あけみ,野上眞宏,牧村憲一,國分紘子,平野久美子,糟谷銑司,田島由利子,橘かがり,松木直也,茅野裕城子,前むつみ,染吾郎,井上伸夫,鳥山雄司,伊島薫,関口シュン,薙野たかひろ,黒木実,マキノユキオ,風間正,白谷敏夫,水谷充,横森美奈子,篠原朗,伊藤悦朗,伏見行介,藤田峰人,石川武志,熊谷正,達川清,山田英幸,山本ちえ,村野めぐみ,マーク・東野,高野(赤松)緑,遠山秀子,白川良行
70年代の原宿は、日本のファッションや音楽にとって、しみじみ重要な場所だったんだなぁ〜と思う。素晴らしい執筆陣の末席に、僕もセントラルアパートの中庭にあったカフェの思い出を寄稿させていただいています。ある意味で歴史書。読んでいるとワクワクする本です。
+ RECOMMEND
トレジャー
トレジャー (JUGEMレビュー »)
藤陵雅裕
JAZZの楽しさを教えてくれる1枚。レギュラーバンドならではの息の合ったプレイが心地よい。
ジャケットのアートワークを担当しました。
+ RECOMMEND
ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3
ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3 (JUGEMレビュー »)

コストパフォーマンス抜群。フルサイズ・ミラーレス時代の基準になる1台かも。
+ RECOMMEND
タムロン(TAMRON) 28-75mm F/2.8 Di III RXD ソニーEマウント用(Model A036)
タムロン(TAMRON) 28-75mm F/2.8 Di III RXD ソニーEマウント用(Model A036) (JUGEMレビュー »)

重すぎず太すぎず。持ったときのバランスも良い。総合力の高いαE用の標準ズーム。僕にとっても手放せない1本。
+ RECOMMEND
マインドスケープ
マインドスケープ (JUGEMレビュー »)
藤陵雅裕
CDジャケットのアートワークを担当。透明感のあるサックスの音色と疾走感が心地よいサウンド。JAZZ SAXの魅力を知るには最高の一枚です。
+ RECOMMEND
自然職のススメ
自然職のススメ (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
農業、漁業、林業の現場を取材したフォト・ドキュメント。就業情報も網羅した、生き方提案書です。
+ RECOMMEND
匠の姿〈vol.1〉衣
匠の姿〈vol.1〉衣 (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
衣食住遊祭の全5巻。35人の伝統工芸職人を3年半かけて取材したフォトドキュメントです。資料的価値もあって、1999年の発刊以来、ロングセラーを続けています。
+ RECOMMEND
天使の宝石箱
天使の宝石箱 (JUGEMレビュー »)
小松長生,yumi,オーケストラ・アンサンブル金沢,渡辺俊幸,浦壁信ニ,朝川朋之,佐野秀典,竹内淳
ジャケット写真を担当しました。フルートの素晴らしさ+かわいらしさ。注目のフルーティストです。ぜひ聴いてみてください。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ Blog People
+ Trackback People
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ