写真・映像制作者 水谷充の私的視線

〜「見てきたもの」記録装置 カメラがくれた宝物 〜
<< 【ROCK YOU 2020】愛する人へ - 岡林信康 制作プロセス | main | 【ROCK YOU 2020】桑名正博 制作プロセス >>
【ROCK YOU 2020】THE BALLAD OF THE FALLEN - 制作プロセス

 

昨日、2点ばかり僕の作品が公開になりました。

ひとつは、育緒セレクションの桑名正博。そしてもうひとつがこちら、リベレーションミュージック・オーケストラの名盤 邦題「戦死者たちへのバラード」です。

 

オリジナル盤はシンプルなタイポグラフィーによる美しいジャケットです。

美しいなぁ〜

 

水谷セレクションということで、今回提示したものですが、僕にとって思い出深い一枚です。

リリースされた1983年は、まだアシスタント時代で、レコードを買う余裕はありません。時間を見つけてはジャズ喫茶に通って、貪るように音楽と出会っていた時期です。

よく行ってた店で、渋谷にあったジニアスでかかっていて出会いました。

美しいブラスアンサンブルは、クラッシックのそれと違っていて、フリーインプロビゼーションのリレーのような構成なのだけど、メロディアスでとても聴きやすい。

切ない曲調だけど熱い。そしてどこか自由な印象を感じました。

写メなんかない時代ですので、タイトルなどをメモして、必死に買いました。以来、愛聴盤トップ10にあるという感じ。今でもちっとも色褪せません。

 

さて、どう挑むか・・・

 

 

いつものように気づいたことを書き出します。

葬送曲というか、レクイエムです。

リベレーションミュージック・オーケストラの69年に出た第一作は、抗議の色が濃い反戦曲だったのだけど、これは、ある意味とても静かで、魂を鎮めようとしているかのような印象を受けます。

 

嘆きと希望が同居しているような・・・

 

いろいろ考えた結果、蜘蛛をドンとシンプルにと考えました。手のひらくらいの大きさの蜘蛛です。

あ、ちなみに標本ですよ。

サーフェスは、紙やすり。

ただ塗装して質感を少し変えています。 光は巨大面光源で、柔らかく優しい光で全体を包むような感じ。

 

虫嫌いな人には、一瞬、、、フリーズかもですが、

ある種オブジェクト化されているから、きっと受け入れてもらえると思います。

一応、僕の身近にいる虫嫌いフィルターのよう人に見てもらったら、、大丈夫〜〜って言ってた。(笑)

 

世界各地で絶えることのない紛争。

民族抗争だったり、宗教抗争だったり・・・

同じ人間同士が、ちっぽけなプライドにがんじがらめになっていて、くだらない覇権争いを繰り返す。

その縛られたくだらない価値観は、なかなか頑丈で抜け出せない。

そうした感覚を蜘蛛の糸に例えました。

裏面はその象徴である糸のイメージで金網を。

 

一見キモイけれど、蜘蛛って実は益虫ですよね?

つまり人間にとっては、大事にしたい存在でもある。

蜘蛛の糸がかんじがらめにするものは、人間にとって忌み嫌う害虫なのです。

 

そういった二重化された意味をこの作品に込めました。

 

どうぞご覧ください。

 

水谷のTHE BALLAD OF THE FALLEN

 

ROCK YOU 2020オフィシャル

 

 

| Exhibition | 00:45 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 00:45 | - | - |









  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
+ PROFILE











+ RECOMMEND
70s原宿 原風景 エッセイ集 思い出のあの店、あの場所
70s原宿 原風景 エッセイ集 思い出のあの店、あの場所 (JUGEMレビュー »)
中村のん(編集),高橋靖子,中西俊夫,藤原ヒロシ,大久保喜市,柳本浩市,ミック・イタヤ,安田あけみ,野上眞宏,牧村憲一,國分紘子,平野久美子,糟谷銑司,田島由利子,橘かがり,松木直也,茅野裕城子,前むつみ,染吾郎,井上伸夫,鳥山雄司,伊島薫,関口シュン,薙野たかひろ,黒木実,マキノユキオ,風間正,白谷敏夫,水谷充,横森美奈子,篠原朗,伊藤悦朗,伏見行介,藤田峰人,石川武志,熊谷正,達川清,山田英幸,山本ちえ,村野めぐみ,マーク・東野,高野(赤松)緑,遠山秀子,白川良行
70年代の原宿は、日本のファッションや音楽にとって、しみじみ重要な場所だったんだなぁ〜と思う。素晴らしい執筆陣の末席に、僕もセントラルアパートの中庭にあったカフェの思い出を寄稿させていただいています。ある意味で歴史書。読んでいるとワクワクする本です。
+ RECOMMEND
トレジャー
トレジャー (JUGEMレビュー »)
藤陵雅裕
JAZZの楽しさを教えてくれる1枚。レギュラーバンドならではの息の合ったプレイが心地よい。
ジャケットのアートワークを担当しました。
+ RECOMMEND
ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3
ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3 (JUGEMレビュー »)

コストパフォーマンス抜群。フルサイズ・ミラーレス時代の基準になる1台かも。
+ RECOMMEND
タムロン(TAMRON) 28-75mm F/2.8 Di III RXD ソニーEマウント用(Model A036)
タムロン(TAMRON) 28-75mm F/2.8 Di III RXD ソニーEマウント用(Model A036) (JUGEMレビュー »)

重すぎず太すぎず。持ったときのバランスも良い。総合力の高いαE用の標準ズーム。僕にとっても手放せない1本。
+ RECOMMEND
マインドスケープ
マインドスケープ (JUGEMレビュー »)
藤陵雅裕
CDジャケットのアートワークを担当。透明感のあるサックスの音色と疾走感が心地よいサウンド。JAZZ SAXの魅力を知るには最高の一枚です。
+ RECOMMEND
自然職のススメ
自然職のススメ (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
農業、漁業、林業の現場を取材したフォト・ドキュメント。就業情報も網羅した、生き方提案書です。
+ RECOMMEND
匠の姿〈vol.1〉衣
匠の姿〈vol.1〉衣 (JUGEMレビュー »)
出山 健示,水谷 充
衣食住遊祭の全5巻。35人の伝統工芸職人を3年半かけて取材したフォトドキュメントです。資料的価値もあって、1999年の発刊以来、ロングセラーを続けています。
+ RECOMMEND
天使の宝石箱
天使の宝石箱 (JUGEMレビュー »)
小松長生,yumi,オーケストラ・アンサンブル金沢,渡辺俊幸,浦壁信ニ,朝川朋之,佐野秀典,竹内淳
ジャケット写真を担当しました。フルートの素晴らしさ+かわいらしさ。注目のフルーティストです。ぜひ聴いてみてください。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ Blog People
+ Trackback People
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ